2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

英彦山_1 南岳コース

008  英彦山 ひこさん 1,200m  福岡県  添田町

 

Img_index_hiko3

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

 駐車場  別所駐車場に数十台  トイレあり  登山口 別所駐車場、奉幣殿
【駐車場まで】

 大きな地図で見る
 九州道八幡ICを飯塚・直方方面に出てR200号線を行きます。田川方面、県道22号線バイパスで左折して進み上野狭入口を過ぎ、約20分でR201号線に突き当たります。右折して二つ目の信号を左折、添田方面に川沿いの道を進みます。下今任交差点を右折、県道52号線を英彦山・添田方面に道なりに進みます。道の駅を過ぎて10分ほど進むと、日田・小石原方面の分岐があります。直進してR500号線を英彦山方面に上っていきます。分岐から約10分で別所駐車場に到着です。
八幡ICから約1時間です。

Image4

コ ン ビ ニ ;添田町伊原北交差点付近が最後です
歩きやすさ;登山道は広くてよく整備されていますが 階段が多くて少し歩きにくい
展       望;南岳・北岳からの展望はありません
おすすめ  ;玉屋神社、鬼杉、材木石等見所がいっぱい

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

南岳コース  鬼杉、南岳を歩き中岳へ          歩きやすさ C  展望 B  おすすめ度 B
回目                                     2010(H22)年5月29日(土)  はれ      
山歩き
ルート 
<英彦山_南岳コース_1>

別所駐車場→奉幣殿→鬼杉→南岳→中岳→奉幣殿→別所駐車場

 別所駐車場8:59→9:27奉幣殿9:36→9:39上宮・鬼杉分岐
    →10:45玉屋神社10:54→11:57鬼杉12:05→12:35材木石12:40
    →13:24南岳14:09→14:22中岳14:43→14:57産霊(ムスピ)神社
    →15:28中宮→16:17奉幣殿16:27→16:43別所駐車場

 実歩行時間 5時間20分
 ( 別所駐車場→奉幣殿 20分 )( 奉幣殿→玉屋神社 60分 )
  ( 玉屋神社→鬼杉 60分 )( 鬼杉→南岳 70分 )
  ( 南岳→中岳 10分 )( 中岳→別所駐車場 100分 )  

 福岡県添田町の英彦山を歩きました。英彦山は羽黒山、大峰山とともに日本三大修験場として栄え、多くの史跡が残る福岡県を代表する山です。
 駐車場に車を止め、支度をして横断歩道を渡り奉幣殿に向かいます。10分ほどで神宮下に、参道に「英彦山山開き」の横断幕があります。明日が山開きだそうです。銅鳥居(かねのとりい)から奉幣殿まで参道沿いにスロープカーが運行しています。参道沿いには多くの史跡があります。説明書きを読み、写真を撮りながらのんびり階段を登ります。駐車場から約30分かけて英彦山神宮奉幣殿に到着、お参りをして境内を散策。

Img04505
別所駐車場
Img04513
神宮下
Img04518
参道
Img04530
スロープカー
Img04544
奉幣殿

 一休みして鳥居をくぐり階段を登って道標から玉屋神社・鬼杉へ向かいます。10分ほど歩くと北側方面が開けて奉幣殿が見えます。今日は天気が良くとても気持ちの良い眺めです。ベンチにザックを置き一休みしてから植林の中の小道を抜け、階段を登り、沢を渡ってアップダウンを繰り返し約1時間で玉屋神社に到着です。

Img04551
中岳  鬼杉分岐
Img04557
登山道
Img04558
登山道から  奉幣殿
  Img04564
登山道
Img04578
登山道
Img04589
玉屋神社

 しばし休息を取って坂道を下り、沢を渡り、植林の中を急登します。道の真ん中に大樹が倒れています。急坂を登り、岩場をロープを使って下ると、鬼杉に到着です。鬼杉の周囲は囲いがしてあり、周辺にベンチやテーブルがあります。

Img04598
沢を渡って
Img04602
登山道
Img04603
登山道
Img04614
鎖場
Img04618
鬼杉

 南岳目指して坂道を登ります。大南神社分岐を過ぎ、石段の急坂を登り、柱状の岩「材木石」を過ぎてひたすら登ると、眺めの良い尾根に出ます。風は冷たく感じましたが、展望を楽しみます。
  鎖場が連続し大岩を登ると、南岳直下に出ます。再び鎖を頼りに岩場を登り、南岳頂上に到着です。鬼杉から約80分、もうすぐ1時30分です。ここで、昼食休憩することにします。
  頂上は広く鳥居や祠、展望台があります。展望台は立ち入り禁止になっており、頂上からは樹木に邪魔されて展望はありません。

Img04633
登山道
Img04638
材木石
 Img04642
登山道から
 Img04654
鎖場
Img04658
南岳頂上
Img04663
立入り禁止

 中岳に向かって下る途中、上宮が見えます。鞍部に下り、登り返している時に足がつりそうになったのでいったん立ち止まって休憩、慎重に再び登り始めます。約10分で中岳に到着です。上宮の前を通り、階段を下って広場に出ます。休憩所やテーブルベンチがあり、とても広々としています。ザックを置いてベンチに座り、足を休めてのどを潤します。
 上宮まで戻り石畳の階段を下って奉幣殿に戻ります。約10分下ると鳥居があり、その先に産霊神社(行者堂)と水場があります。関銭(せきせん)の跡、稚児落とし、中宮、下宮を通り、奉幣殿に到着、一休みして駐車場に戻ります。 今日はいつもよりのんびりと時間をかけ、休憩もこまめに入れて歩きました。展望は今ひとつでしたが、登山道はよく整備され、史跡が随所にあって興味深く、退屈しないで歩くことができました。

  Img04671
中岳、上宮
Img04696
上宮
Img04679
中岳頂上広場
Img04686
中岳頂上
Img04701
奉幣殿へ

 上宮まで戻り石畳の階段を下って奉幣殿に戻ります。約10分下ると鳥居があり、産霊神社(行者堂)と水場があります。関銭(せきせん)の跡、稚児落とし、中宮、下宮を通り、奉幣殿に到着、一休みして駐車場に戻ります。 今日はいつもよりのんびりと時間をかけ、休憩もこまめに入れて歩きました。展望は今ひとつでしたが、登山道はよく整備され、史跡が随所にあって興味深く、退屈しないで歩くことができました。

Img04710
産霊(ムスビ)神社(行者堂)
Img04714
関銭の跡(下乗)
Img04715
中宮
Img01869
下山道

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山