2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

釈迦ヶ岳 御前岳

009 釈迦ヶ岳
御前岳
しゃかたけ
ごぜんだけ
1,230m
1,209m
福岡県  矢部村

 

Image6_2

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

 矢部越登山口から釈迦ヶ岳、御前岳を巡る            歩きやすさ B  展望 A  おすすめ度 A
  駐車場 矢部越登山口に数台駐車可  トイレなし
【駐車場まで】

大きな地図で見る
 大分道日田ICを出て信号を阿蘇方面へ右折してR212号線に入ります。阿蘇・小国方面へ約15分進むと交差点にコンビニがあります。大山町に入ると椿ヶ鼻ハイランドパークの案内があり、信号を右折して県道9号線に入ります。分岐には椿ヶ鼻ハイランドパークや釈迦ヶ岳の案内が出ています。案内に従って、坂道を登っていくと正面に風力発電の大きなプロペラが見え、椿ヶ鼻ハイランドパークに到着です。コンビニから約30分です。 
 釈迦岳山頂の案内がありますが、今回は矢部越に向かいます。突き当たりを左折して林道を進み、矢部村方面へ右折すると、椿ヶ鼻ハイランドパークから10分ほどで矢部越登山口に着きます。

Image3

コ ン ビ ニ ;日田ICを出てからR212号線沿いにあります  ポプラ日田恵良橋店が最後です
歩きやすさ;鞍部や林道へ急斜面を下る時は気をつかいます
展       望;釈迦ヶ岳頂上や御前岳の頂上からは  周囲の山々が展望できます
おすすめ  ;自然林の中の縦走路は  時折南方面が開けていて気持ちよく歩けます

 

回目                         2009(H21)年11月28日(土)   くもり時々はれ          
山歩き
ルート 
矢部越登山口→釈迦ヶ岳→御前岳→矢部越登山口  周回

 
矢部越登山口9:34→10:06展望台分岐→10:10釈迦ヶ岳頂上10:24
     →10:38田代登山口分岐→10:44御前岳1.5㎞地点→11:12御前岳0.8㎞地点
     →11:36御前岳頂上12:45→13:23林道→13:44杣(そま)の里分岐→14:10登山口

 実歩行時間 3時間10分
 ( 矢部越登山口→釈迦岳頂上 35分 ) ( 釈迦岳頂上→御前岳頂上 70分 )
 ( 御前岳頂上→林道→矢部越登山口 85分 )   

 福岡県と大分県の境にある釈迦ヶ岳を歩きました。
 指導標には釈迦ヶ岳ではなく、釈迦岳となっています。ネットで調べても、釈迦ガ岳とも表記するとありますし、読みも「しゃかたけ」、「しゃかがたけ」とバラバラです。山と渓谷社の九州百名山では「釈迦ヶ岳」と表記し、「しゃかたけ」とルビをふっています。自宅に戻りGPSの位置情報の記録を地図上に表してみると、地図にある釈迦岳頂上は歩いていません。この地図の釈迦岳頂上は、どうやら「マイクロウェーブ展望台」がある、普賢岳の頂上を表しているようです。普賢岳は大分県みたいです。またもや何がなんだかよくわかりませんが、とにかく福岡県の最高峰の山「釈迦ヶ岳」と、「御前岳」を巡ってきました。

Image01481
矢部越登山口にある自然歩道案内図
Image01475
椿ヶ鼻ハイランドパーク
Image01477
左折します  釈迦岳展望台入口
Image01478
右折  矢部村へ
Image01586
矢部越登山口と駐車スペース

 曇り空です。展望はあまり期待出ませんが、支度をして歩き始めました。丸木で作られた階段が壊れています。いきなり急坂ですが、急坂は連続することなく比較的歩きやすい登山道です。曇り空で展望が全く期待できなかったので、そのまま釈迦ヶ岳頂上へ向かいます。展望台分岐を過ぎ、急坂をひと登りすると釈迦ヶ岳頂上です。
  お釈迦様が迎えてくれる頂上は狭く、2~3人で一杯になりそうです。ガスが出て視界は全く利かず、天候がすぐに回復しそうもなかったので展望はあきらめて、仕方なく御前岳へ向けて出発しました。

Image01491
登山道
Image01497
登山道
Image01499
展望台分岐
Image01502
釈迦ヶ岳頂上到着
Image01507
釈迦ヶ岳頂上

 ロープを頼りに濡れて滑りやすくなった岩場を慎重に下ります。下ってきた岩場を振り返ると垂直の岩場に見えます。鞍部に下ってからは、自然林の中をのんびり歩くことができます。ゆるやかなアップダウンの繰り返しで時折南方面が開けています。天気が良ければもっと稜線歩きを楽しむことができそうです。正面に御前岳が見え、ジクザクに急坂を登ると、まもなく御前岳頂上に到着です。
  御前岳頂上は広々としていて眺めもよさそうなのですが、まだ雲が多くて展望はほとんどありません。食事を済ませ、何も見えない北方面を眺めながらぼんやり休憩していると、雲が切れて陽が差すようになり、周辺の山々が顔を出してきました。 

Image01510
鞍部に下ります
Image01515
登山道
Image01526
登山道から
  Image01527
もうすぐ  御前岳頂上
Image01543
御前岳頂上
Image01537
御前岳頂上から
Image01541
御前岳頂上から  釈迦ヶ岳

 登山口・大杣公園方面へ下ります。ロープや鎖がある急坂や岩場を下り、植林の中を抜けると林道に出ます。御前岳頂上から約40分です。ここから林道を歩いて矢部越登山口に戻ります。
  林道を左、杣の里方面に歩くと、2~3分で登山口への分岐、20分ほどで杣の里への分岐に出ます。遊歩道の案内板と駐車スペースがあります。案内図を見ると、右の道を進むと橋のたもとから遊歩道が矢部越登山口までつながっています。どうしようかと思いましたが、そのまま釈迦ヶ岳方面に舗装路を歩き、登山口に戻ることにしました。
  舗装路の上り坂を歩き、釈迦ヶ岳の指導標から遊歩道に入ります。林道を何回か横断して遊歩道を登っていきます。キツネノカミソリ群生地の案内があり、急坂をひと登りすると矢部越登山口に到着です。

Image01549
急坂を下ります
Image01555
鎖場を過ぎて
Image01563
林道に
Image01573
杣の里分岐
Image01572
案内板
Image01577
遊歩道に入ります
Image01582
キツネノカミソリ群生地
Image01585
登山口に戻りました

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山