2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

井原山・雷山_1

014  井原山
雷山
いわらやま
らいざん
982m
955m
佐賀県 佐賀市

 

Image1

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

古場岳登山口から井原山  雷山と歩いて布巻登山口へ下る  
   歩きやすさ A  展望 A  おすすめ度 A
 駐車場  駐車場 トイレなし
【駐車場まで】

      大きな地図で見る
  長崎道を東脊振ICで出て左折、国道385号線を松坂橋交差点で三瀬方面に左折して県道46号線に入り、道なりに進みます。右折してR263号線を三瀬峠方面へ、三瀬トンネル有料道路の手前から右折して旧R263号線を上ります。井原山や金山登山口のある、峠のすぐ手前で左折して林道を行きます。道なりに真っ直ぐに進むと古場岳登山口に着きます。途中道を間違えたり、林道の入口がわからなかったりで、東脊振ICから約1時間かかってしまいました。
 古場岳登山口付近は、車を止めずらかったので登山口を通り過ぎて、100m程先の路肩に駐車しました。(5~6台駐車できます。)でも、縦走する予定だったので、もっと先まで行って雷山登山口の路肩に駐車してもよかったかな、と後で思いました。

コ ン ビ ニ ;東脊振ICを出て右折したところに
歩きやすさ;井原山と雷山を結ぶ稜線歩きは  自然林の中を楽しく歩けました
展       望;井原山山頂は360°のパノラマです。雷山山頂からも展望雄大です
おすすめ  ;登山道はほとんど展望はありませんが  山頂からの眺めはすばらしい

 

回目                               2009(H21)年10月18日(日)  くもり時々はれ          
山歩き
ルート 
  古場岳登山口→井原山山頂→雷山山頂→古場岳登山口

古場岳登山口9:05→9:16山道→9:30鉄塔→10:00井原山山頂10:23
 →10:26アンノ滝分岐→10:41洗谷分岐→11:33古場分岐→11:39雷山山頂12:26
  →12:31古場分岐→12:57布巻登山口→13:06布巻林道入口→13:18古場岳登山口

 実歩行時間 2時間50分
 ( 古場岳登山口→井原山山頂 50分 ) ( 井原山山頂→雷山山頂 70分 )
 ( 雷山山頂→布巻登山口→古場岳登山口 50分 )   

 

 佐賀県佐賀市の井原山と雷山を歩きました。
  車を止めたところから林道を歩いて少し戻り、古場岳登山口から急坂の舗装路を登って行きました。道の両側に別荘が立っています。別荘に住み、優雅な生活をして、退屈しのぎに毎日山歩きをしている、などと妄想に浸りながら歩きました。それにしてもここらあたりは温泉が出るのかな。そう言えば、先週行った脊振山の麓も別荘地でした。夏場は過ごしやすいでしょうね。うらやましい限りです。
 登山口から約10分歩くと植林の中の山道に、さらに15分程歩くと林道に出ます。左に進むと右手に鉄塔があり、井原山の道標があります。鉄塔に沿って歩き再び山道に、のんびり30分程登ると視界が開け、少し行くと井原山山頂に到着です。山頂まで登山口から約50分かかりました。
 山頂は広くてどこを見ても眺めが良いので、じっと座っているのがもったいなくて写真を撮ったり、双眼鏡で眺めたりしながら、ぐるり一回りしました。霞んでいて眺望は今ひとつでしたが、十分満足できました。

Image00394
神水川橋手前の路肩に
Image00499
古場岳登山口
Image00400
山道に
Image00403
登山道
Image00405
林道に出て鉄塔へ
  Image00408
鉄塔横を歩き、再び山道へ
Image00409
登山道
Image00414
井原山山頂
Image00418x
井原山山頂から福岡市方面
  Image00433
井原山山頂から雷山

 井原山山頂から道標にしたがって道を下り、雷山への縦走路に入りました。アンノ滝、洗谷への分岐を過ぎ、自然林の中を50分ほど歩くと、視界が開けピークに出ました。眺めが良く、井原山やこれから歩いていく雷山、福岡市街地などがとても良く見えました。一休みして出発、再び自然林の中をのんびり歩き古場分岐を経て、井原山から約80分かかって雷山山頂に到着しました。この井原山と雷山を結ぶ稜線歩きはほとんど展望がありませんが、自然林の中の登山道なので気持ち良く歩くことができました。分岐には道標があり道に迷う心配がなく、険しいところもなかったので自然を満喫しながら気楽な気持ちで歩くことができました。
 雷山山頂は東西に長く広々としています。少し北側が見えにくいですが、岩の上に立てば大丈夫、福岡市方面がよく見えます。井原山や周辺の山々もはっきり見えます。双眼鏡も大活躍でした。ここでも、じっとしているのがもったいない気がしてデジカメや双眼鏡を持って山頂を一回りしました。雲が多く霞んでいましたが、満足でした。

  Image00434
井原山山頂から雷山へ
  Image00435
アンノ滝分岐
  Image00436
登山道
  Image00437
洗谷分岐
  Image00438
登山道
  Image00442
登山道
  Image00445
井原山から約50分  井原山
  Image00455
登山道
  Image00457
古場分岐
  Image00459
もうすぐ  雷山山頂
Image00481
雷山山頂
  Image00461
雷山山頂プレート
Image00464
雷山 山頂から

 雷山山頂から古場分岐まで戻って、右に入り坂を下りました。自然林から植林に変わり丸太の橋を渡って林道に出ました。ここが雷山(布巻)登山口でした。右に進み、林道を約10分下っていくとチェーンが張ってあり、雷山林道に出ました。ここを左に進み、古場岳山荘の前を通って神水川橋を渡り、約10分で車を止めた場所に着きました。

  Image00485
古場分岐
Image00488
自然林から植林へ、急坂を下ります
Image00490
丸太の橋を渡って林道へ
Image00494
布巻林道入口から

 県道46号線を走っている時に、道路標識を見間違えて県道51号線に入ってしまい、狭い道を走り、県道21号線からR263号線に出て、三瀬峠に向かいました。後で地図を見ると、県道46号線をそのまま行けばR263号線に突き当たったのですが、その時は気づかずに遠回りをしてしまいました。ただ、そのおかげで地図にないコンビニがあるのがわかったので、よしとしました。それにここかな、と思いながらもそのまま三瀬峠への坂道を登っていくと、もう福岡県との県境でした。左手に井原山登山口の案内があったので路肩に車を止め、案内図をしっかり見てからUターンして少し戻り、雷山林道に入りました。入って直ぐ道路右側に雷山林道の略図がありました。こんな時はやっぱり、カーナビだと思いました。
 今回のコースは道に迷う心配がなくてとても歩きやすく、気持ちの良い登山道でした。のんびり歩いて約50分で広々とした展望の良い井原山頂に到達でき、稜線歩きも自然林の中で、約50分歩いたところがとても展望が良く、休憩にはもってこいの場所で、さらに、雷山山頂も広々としていて眺めが良く、展望だけを楽しみに歩いている私としては、特におすすめのコースになりました。山頂でもっとゆっくりしたかったのですが、登山口にトイレがなかったのでゆとりを持って早めに出発しました。登山口に駐車場とトイレがあれば言うことなし、だと思いました。

Image00509
雷山林道入口
Image00503
案内図、少し見づらい・・

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山