2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 山歩き、福岡県貫山(2)。 | トップページ | 九州百名山。 »

2008年12月 1日 (月)

高千穂峰_1(たかちほのみね)1,574m

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

 

Img01530
高千穂峰山頂

 


大きな地図で見る

【登山口】
高千穂河原

 【駐車場】
高千穂河原駐車場に約150台
トイレあり

 コンビニ _駐車場近くにはなかった。高速下りてすぐ、国道268号線沿いにありました。
 登 山 道_溶岩や火山砂の登山道は少し骨が折れるかも。
 展   望
_登山道からの眺めは抜群、高千穂峰頂上からも360°の展望のはずでした。
 オススメ _雄大な展望が、登山道からも。霧島の山々が展望できます。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

 

 

  088  高千穂峰_1(たかちほのみね) 1,574m

宮崎県

高原町

 

 

天孫降臨の地、高千穂峰に登る
         歩きやすさ B 展望 A おすすめ度 A

回目  2008(H20)年11月29日(土) くもりのち雨  

 

高千穂河原登山口→高千穂峰 往復 

登山口8:19→8:24古宮址→9:13御鉢→9:29霧島神宮元宮
 →9:51高千穂峰山頂10:10→11:22登山口

歩行時間 2時間40分
 ( 登山口→高千穂峰山頂 90分 )
 ( 山頂→登山口 70分 )

Image1486
高千穂河原周辺の案内図から  

 鹿児島県霧島市、高千穂河原駐車場・登山口から、高千穂峰を歩きました。
 九州自動車道えびのICを出て信号を右折、国道268号を小林方面へ、コンビニで飲み物と弁当を買い、えびの高原へ向かいました。標識にしたがって、県道30号線を通り、約30分でえびの高原駐車場に。右折して少し行くと、鹿児島県に入ります。県道1号線を高千穂河原へ向かって走ると、えびの高原駐車場から約5分で大浪池登山口、高千穂河原駐車場までは約20分でした。高千穂河原駐車場利用料は410円、150台駐車可能な大駐車場で、トイレ完備、食堂や自販機、水飲み場や足洗い場もありました。

Image01545
高千穂河原駐車場から
Image01520
 高千穂峰、御鉢から

  高千穂峰は宮崎県と鹿児島県の県境に位置しています。鹿児島県なのか宮崎県なのかよくわからないので調べてみたところ、高千穂峰は宮崎県西諸県郡高原(たかはる)町、活火山である御鉢(おはち)は鹿児島県霧島市、みたいです。

 雨がぽつぽつ。前日の天気予報では曇りのち晴れだったので、これぐらいならと支度を始めます。まずは、鳥居をくぐり、古宮址へ向かいます。階段を上って参拝。登山道に戻り、古宮址を迂回するように、高千穂峰をめざして坂道を登ります。

Image01494
古宮址説明板
Image1495
 古宮址

 自然林の中をしばらく歩くと、視界が開けて御鉢の急斜面に。8時45分。

Image01499
分岐(自然探求路)
Image01501_2
    視界が開けて

 少し登り、振り返って写真を撮りました。ちょうど9時でした。遠くに高千穂河原駐車場や古宮址が見えます。火山礫に足を取られてとても歩きにくい登山道でした。約30分で斜面を登り終え、御鉢に到着。火口壁は平坦で歩きやすかったのですが、風がとても強く、時折吹く突風に身体を持って行かれそうになるので、前屈みになり慎重に歩きました。

Image01504
振り返って
Image01517
 正面に高千穂峰

 登山口から約1時間で霧島神宮元宮に到着。強い風は吹いていましたが、晴れ間が見えており、霧島の山々がよく見えました。あと一踏ん張りで山頂です。急坂を一歩一歩のんびり登りました。ずっと強い風が吹いています。時折空を見上げると、すごい勢いで雲が飛んでいきます。しだいに山頂が雲で覆われていき、山頂手前でほとんど視界がきかなくなり、寒くなったのでリュックから防寒着を取り出して着ました。登山口から約1時間30分で山頂に着きました。

Image01524
霧島神宮元宮
Image01528
 視界がきかなくなりました

 強風で写真を撮るのも一苦労でした。手ぶれがひどいだろうな、と思いながらシャッターを押しました。写真を撮って天気が回復するのをしばらく待ちましたが、みぞれが降り出し、風も強くて寒いので展望はあきらめて下山することにしました。しだいに雨足が強まりさらに見通しが悪くなってきたので、道を間違えないように慎重に下りました。次から次に登山者が登ってくるので、ここを下ればよい、とわかり助かりました。
 古宮址には戻らず、自然研究路を霧島神宮の森展望台へ向かいました。展望台で買ってきた弁当を食べ、しばらく休憩していましたが、小雨がぽつぽつ降っていて寒く、短時間に天気が回復する見込みもないので、駐車場へ戻ることにしました。高千穂峰から約1時間で下山することができました。

Img01532
高千穂峰山頂
Image01535
 自然探求路を展望台へ

 坂本龍馬の登山紀行がパークサービスセンターにありました。今日はめまぐるしく天気が変わり、晴れていたかなと思うと、すぐに雲が広がって雨がぱらつくような不安定な天気でした。360°のパノラマを期待していたので、とても残念でした。もう一度、暖かくて天気の良い日に歩きに来ようと思いました。

Image01540
龍馬の登山紀行
Image01544
 水場

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

« 山歩き、福岡県貫山(2)。 | トップページ | 九州百名山。 »

山歩き_06宮崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217716/43265355

この記事へのトラックバック一覧です: 高千穂峰_1(たかちほのみね)1,574m:

« 山歩き、福岡県貫山(2)。 | トップページ | 九州百名山。 »