2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 涌蓋山_1(わいたさん)1,450m | トップページ | 万年山_1(はねやま)1,140m »

2009年8月25日 (火)

三俣山(みまたやま)1,745m

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

Img03070
三俣山、長者原駐車場から


大きな地図で見る

【登山口】
九重町 大曲登山口

【駐車場】
広場に約10台・トイレなし

 コンビニ _九重ICから大曲登山口まで見つけられませんでした。
 登 山 道_大曲登山口から西峰までずっと登り。すがもり越からの登りが一番きつかった。
 展   望
_周囲が全て見渡せます。来て良かった、と思いました。
 オススメ _噴煙を上げる硫黄山や遠くに見える九重の山並みが本当に素晴らしかった。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

  034  三俣山 (みまたやま) 1,745m 大分県 九重町

 

大曲登山口からすがもり越を経て三俣山山頂へ、山頂を巡り絶景を楽しむ。
       歩きやすさ B 展望 A おすすめ度 A

 1 回目  2009(H21)年 8月18日(火) はれ 

 

  大曲登山口一すがもり越→三俣山(西峰・本峰・南峰) 

登山口7:50→8:47すがもり越→9:09西峰9:32→9:59本峰10:51
 →11:08南峰→11:54西峰→・・(間違えた所まで戻りました)
 →12:37すがもり越12:44→13:31登山口

 歩行時間 4時間10分 
(登山口→西峰→三俣山本峰 100分)
(三俣山本峰→南峰→西峰→登山口 150分)

Img03122
三俣山(本峰)山頂

  大分県九重町の三俣山を歩きました。
 駐車場から登山口が見えます。車が来ていないことを確認してから道路を横断。少し歩くと砂防ダムがあり、両岸にはしごが取り付けられていました。灌木の中を登っていくと、長者原からの探鉱道路に合流。ここまで約20分。

Image03171
大曲登山口
Image03079
大曲駐車場、登山道から

 探鉱道路は見晴らしが良く、三俣山や長者原を見ながら歩くことができます。たくさんの巨石が道路をふさいでいます。一瞬ぎょっとしましたが、意外と簡単に乗り越えて先に進むことができました。

Image03082
登山道
Image03084
登山道から、長者原方面

 正面に硫黄山が見えます。舗装路が終わり少し進むと、この先は”通行止”。黄色のペンキで「通行止め」と岩にも書いてあります。矢印の方向に下り、砂防ダムを渡って、石ころだらけの急坂を登ります。大曲登山口から約1時間、すがもり越の避難小屋に到着です。石造りの避難小屋が右手に、左手には三俣山が見えます。そのまま真っ直ぐ進むと北千里ヶ浜です。避難小屋の中は広くてベンチがあります。
 小屋の前から坂道を約20分、あえぎながら登ると三俣山西峰に到着です。すがもり越で休まなかったためか、今回はここの登りが一番きつく感じました。登り終えるとケルンがあり、その先に西峰の標識があります。西峰は広々としていて遮るものが何もなく360°見渡すことができました。

Image03088
正面に硫黄山が姿を現します
Image03090
砂防ダムを渡ります
Image03091
三俣山が見えます
Image03094
”がんばれ中高年”
Image03098
あと少しで、すがもり越
Image03101
すがもり越
Image03100
すがもり越の避難小屋
Image03162
避難小屋の中から
Image03104
すがもり越の避難小屋、噴煙を上げる硫黄山と星生山

 西峰で、九重の山々を見ながらしばし休憩。景色を堪能してから本峰に向けて出発、藪をかき分けて鞍部に下り、本峰への急坂を登ります。西峰から約30分。本峰からも眺めが良く、ぐるり360°見渡せます。涌蓋山がよく見えるように少し下った岩場に座り、食事をしながらしばらく休憩します。  
 南峰目指して出発、約20分で南峰に到着。大船山が目の前に。ただ、残念ながら雲に隠れてなかなか姿を現しません。南峰も広くのんびりするにはいいかな、と思いましたが、雲がかかってよく見渡せないので、休憩せずに下山することにしました。  
 約50分かかって西峰に到着、そのまますがもり越に向けて下りました。かなり下っても硫黄山が全く見えなかったので、おかしいと思い立ち止まって周囲を見渡すと、右に硫黄山が見えます。ても、右方向へ下る道がありません。八方ヶ岳下山時の失敗もあったので、右方向へ道がある所まで引き返すことにしました。ただでさえ疲れが足にきていて下り坂を歩くのがつらかったのに、結局15分くらい余計に歩くことになってしまいました。

Image03109
三俣山西峰から久住山
Image03111
西峰
Image03121
西峰から本峰へ
Image03123
本峰
Image03131
本峰から
Image03132_2
大曲方面、本峰から
Image03124
本峰から、火口跡かな・・
Image03141
三俣山南峰、後ろは本峰
Image03144
三俣山南峰から大船山

 今回はとても天気が良く西峰や本峰から九重の山々がはっきり見渡すことができ、久しぶりに双眼鏡が活躍しました。絶景だけを楽しみに登っている私には、西峰だけでも十分に楽しめる山でした。どの峰も頂上は広々していてのんびりでき、遮るものが何もないので360°の展望を得ることができ、爽快な気分で山歩きができました。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

« 涌蓋山_1(わいたさん)1,450m | トップページ | 万年山_1(はねやま)1,140m »

山歩き_04大分県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217716/45963874

この記事へのトラックバック一覧です: 三俣山(みまたやま)1,745m:

« 涌蓋山_1(わいたさん)1,450m | トップページ | 万年山_1(はねやま)1,140m »