2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« こんどは、ジャガイモを育てます。 | トップページ | 山歩きの楽しみ »

2011年10月10日 (月)

祖母山(そぼさん)1,756m

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

Img01642
祖母山頂上

※Googleでは
登山口までの道路が表示されないので県道まで。県道8号線に入るとすぐに祖母山の道標があります。


大きな地図で見る

【登山口】
高千穂町 北谷登山口

【駐車場】
登山口に十数台・トイレあり

Img2

 コンビニ _R325号線、高森町役場近くのコンビニが最後でした。
 登 山 道_登山道はほとんど展望なし。滑りやすく歩きにくい登山道でした。
 展   望
_祖母山山頂からは360°のパノラマ。絶景が広がっています。
 オススメ _風穴コース、危険な箇所が多いけど変化に富んでいて楽しいコースです。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

  040  祖母山 (そぼさん) 1,756m 大分県 竹田市

 

千間平コースで登り、風穴コースで下る
       歩きやすさ B 展望 A おすすめ度 B

 1 回目  2011(H23)年10月 7日(金) はれ 

 

  北谷登山口から、祖母山山頂  周回 

登山口10:45→(千間平コース)→11:52千間平→12:12三県境
 →12:40国観峠→13:36祖母山山頂14:00→(風穴コース)
 →14:24展望のよい岩→15:21風穴→16:20林道→16:22登山口

  
 歩行時間 4時間50分

 ( 登山口→(千間平コース)→祖母山山頂  160分 )
 ( 祖母山山頂→(風穴コース)→登山口 130分)

Img01639
祖母山山頂から、障子岳、古祖母山

 宮崎県高千穂町北谷登山口から、祖母山を周回しました。
 昨年歩いた障子岳、その山頂からの絶景を再度期待していたのですが、今回は雲が多く、久住山や阿蘇山方面は全く展望できません。かなり残念な結果でした。でも、障子岳に古祖母山、すばらしい眺めです。雄大な絶景にしばし見とれていました。

Img01704_
三秀台から、祖母山方面

 未舗装路が長い。林道を緊張しながら走ってきました。もう、緊張が持たない、と思った頃にやっと北谷(きただに)登山口到着です。東屋手前の駐車スペースは一杯。奥に止めます。登山口にトイレや水場があるのは助かります。東屋の前が千間平コースの入口、祖母山山頂まで5.3km。0.53kmごとに標柱が立っています。
 支度をし、登山届けを出して歩き始めます。緩やかな傾斜の登山道が続きます。一昨日の雨のためか、水分を含んだ登山道は滑りやすく歩きづらい。樹林の中を歩いて3合目に、少し開けて周辺の山々が見えます。4合目を過ぎると傾斜が少し急に。登りつめると登山道は平坦になり、千間平(せんげんだいら)に到着です。ここから少し下り坂。歩いていると、突然一声鳴き声が、シカが逃げていきます。
 5合目の標柱を過ぎ、林の中を見ると遠くにシカがいてこちらをうかがっています。千間平から約20分歩くと、大分県、熊本県、宮崎県の三県境です。緩木山・越敷岳への道が分かれていて、約2時間30分と看板に。6合目を過ぎ、7合目から約10分で視界が開け、広場に出ます。神原(こうばる)からの道が合わさり、祖母山山頂が見えます。国観(くにみ)峠到着です。登山者の安全を祈願したお地蔵さんが鎮座しています。
 休憩して、先に進みます。傾斜が急になり、荒れた登山道のところも。飛び出した木の枝や滑りやすい登山道を気にしながら、全身を使って慎重に登ります。9合目の標柱を過ぎると、小屋への分岐があります。しゃれた表記の案内板です。岩がごろごろ。9合目小屋からの道が合流し、さらに登っていくと、視界が開け風穴コースからの道が合わさり、祖母山山頂に到着です。

Img01559
北谷登山口、千間平コース
Img01567
3合目標柱
Img01571
登山道
Img01576
千間平
Img01579
遠くから、シカさんが
Img01581
三県境
Img01593
国観峠から、祖母山山頂
Img01604
9合目
Img01607
9合目小屋分岐
Img01618
登山道
Img01624
祖母山山頂

 暗くなる前に”三秀台”に寄りたい。それには、ぎりぎり17時までに林道を抜け県道8号線に。林道を抜けるのに30分。そうすると、16時頃には登山口に着かねばならず、下りに2時間とすると、山頂を14時には出発しなければなりません。
 山頂から登山道を戻り、左側の道、風穴(ふうけつ)コースを下ります。スズタケが生い茂っていますが、道が見えないほどではありません。スズタケを抜けると急降下。慎重に下っていくと約30分で展望のよい岩場に出ます。しばし、色づきはじめた山の木々、九州の脊梁の山々に見とれます。少し戻り、ロープやはしごやを使って慎重に下ります。
 祖母山山頂から約1時間20分。急降下を繰り返し、やっと風穴に到着です。案内板に山頂から1.5kmとあります。まだ、あと1km。やれやれです。風穴の中は暗く、中に入るのはパスして、もうひとつ、はしごを下ります。
 苔むした岩が目立つようになり、沢づたいに進みます。涸れ沢を下っていくと水流が見えてほっと一息。沢から離れて植林の中を歩きます。下って水量のある沢を3回渡ると林道に出ます。左に下ると2~3分で北谷登山口です。
 風穴コースは、急斜面の連続で緊張しましたが、足を滑らせて尻もちをついたりけがすることもなく、テープや道標があるので道に迷うこともありませんでした。
 手早く片付け、ゆっくりするまもなく、林道を下ります。17時過ぎ。県道に出て左折、五ヶ所高原トンネルの手前に三秀台があります。なんとか明るいうちに到着できました。阿蘇山、九重山、祖母山の三峰が展望できることから”三秀台”というのだそうです。ここでのんびり休んでから帰途につきました。

Img01646
風穴コースを下ります
Img01651
下山道から
Img01657
展望のよい岩場
Img01664
ロープやはしごで
Img01667
岩場から、山頂方面
Img01671
下山道
Img01673
風穴、案内板
Img01674
風穴
Img01679
下山道
Img01684
下山道に
Img01687
ロープを使って
Img01690
植林地を下ります
Img01694
最後の沢を渡ります
Img01696
林道に出ます
Img01699
北谷登山口に到着
Img01707
三秀台、ウエストン碑

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

« こんどは、ジャガイモを育てます。 | トップページ | 山歩きの楽しみ »

山歩き_04大分県」カテゴリの記事