2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 長崎県平戸市 サムソンホテル | トップページ | 仰烏帽子山(のけえぼしやま)1302m »

2013年3月30日 (土)

岩宇土山(いわうどやま)1,347m・上福根山(かみふくねやま)1645m

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

Img06068 登山道から

 


大きな地図で見る

【登山口】
久連子・岩宇土山登山口
【駐車場】
路駐、駐車場・トイレなし

Img2

コンビニ_ 人吉ICを出て左折、すぐ右手に
登山道_ 急斜面に滑りやすい所、クマザサに覆われた登山道など歩きづらいところがたくさん
展 望_ 山頂からの展望は、どちらも樹林の間から
おすすめ_ 鍾乳洞から約10分、石灰岩の白い登山道からの眺望。福寿草も。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

  060  岩宇土山 (いわうどやま)
上福根山(かみふくねやま)
1,347m
1,645m 
熊本県 八代市

 

久連子登山口から入山岩宇土山から上福根山へ、オコバ谷を下る         
         歩きやすさ C 展望 B おすすめ度 B

回目  2013(H25)年 3月 25日(月) はれのちくもり  

 久連子登山口→岩宇土山→上福根山→オコバ谷  周回  

登山口7:42→8:51地蔵→9:21鍾乳洞→9:55岩宇土山10:02
  →10:09オコバ谷分岐→10:39林道→11:35上福根山11:59
    →12:50オコバ谷分岐→13:44白崩平14:02
     →14:43オコバ谷登山口→15:01久連子・岩宇土山登山口

 実歩行時間 6時間20分
 ( 久連子登山口→岩宇土山山頂 130分 )
 ( 岩宇土山→上福根山山頂 90分 )
 ( 上福根山→白崩平 105分 )
 ( 白崩平→オコバ谷登山口→久連子登山口 55分 ) 

 熊本県八代市の岩宇土山・上福根山を歩きました。
 九州道人吉ICからR445を北上、道の駅”子守唄の里五木”、横手公園を過ぎて、県道247へ。久連子方面に進みます。道は狭くなりますが、舗装路が続きます。久連子古代の里を過ぎ、久連子荘のすぐ先、沢沿いの登り坂を進むと左手に”岩宇土山登山口”の案内板が見えます。登山口付近は道が広くなっているので、路肩に寄せて車を止めます。

Img06074岩宇土山山頂  

 桜が満開です。気温は10℃、晴れの予報。登山口からの急傾斜を見ながら、まずはストレッチ。
 まっすぐ登って左へ。下に久連子荘の赤い屋根が見えます。ロープを伝い、樹木の幹や根を握り、岩に手をかけながら登ります。登山口から10分足らず、右に折れ尾根道に。樹木に囲まれた細尾根の登りです。ピークを迂回するように斜面を登りつめると平坦な場所に。砦跡?登山口から約35分。
 急登は続き、樹林の間からの眺めで気を紛らわせながら登ります。目の前にお地蔵さんが見えます。登山口から約70分。手を合わせて登山の無事を祈ります。
   ピークを迂回して登ります。身体を傾けてロープの張ってある道幅の狭い急斜面を横切り、滑らないよう足下を注意しながらロープを利用して急斜面を登ります。

Img06016_2  岩宇土山登山口 Img06022   尾根道へ
Img06024 登山道 Img06032 登山道から
Img06038 お地蔵さん Img06040 急斜面を横切る

 福寿草です。まだ咲いていました。樹林から出たところは花が散って葉っぱだけになっています。ジグザグに登り見晴らしのよい場所を通り、ロープを伝って急斜面を登ります。樹林の間から久連子荘の赤い屋根、登山口前の道路が見えます。ホッと一息。石灰岩の露出した急斜面をロープを伝って登ると鍾乳洞に到着です。お地蔵さんから約30分。少しだけ中に入ってみます。

Img06044 咲いてました Img06049
登山道
Img06052 登山道 Img06057
鍾乳洞

 樹間から再び登山口付近が見えます。尾根を登ると、”守ろう!残そう!!希少野生動植物”大きな看板が。左に見える山は上福根山でしょうか。
 石灰岩の白い登山道を登ります。振り返ると絶景です。少し登っては振り返り眺めます。かすんでいて遠望がきかないのがちょっと残念。
 防獣ネットです。クマザサが茂っていて道が狭くなり歩きにくく、ネットに引っかかってしまいます。”あと5分”の道標です。植林帯を通って進むと、細尾根に出ます。道の真ん中に石灰岩が積み重なっていて、何やら標識が。近づいて、”持ち去らないで・・”と書いてある道標をのぞき込むと、岩宇土山山頂の標識でした。鍾乳洞から約35分。樹林の間からかすかに展望できます。

Img06058_2
樹間から登山口付近が
Img06063
登山道から
Img06065
振り返って
Img06067
登山道
Img06070 防獣ネット Img06073
岩宇土山山頂

 10分足らず下ると鞍部に出ます。ここが、オコバ谷への分岐。登り返して上福根山に向かいます。振り返ると岩宇土山が見えます。”キヤノキ谷”分岐の道標です。上福根山まで80分となっています。緑がきれいな植林帯を過ぎ、クマザサに覆われた登山道を抜けると、林道に出ます。岩宇土山山頂から約40分。

Img06081
オコバ谷分岐
Img06093
林道出合

 林道から尾根に上がります。またクマザサが登山道をふさいでいます。顔にあたるので手で目を隠すようにして下を向いてクマザサをかき分けながら進みます。下ばかり見ていたら倒木で頭を強打してしまいました。巨岩横の急坂をクマザサを握り、勢いをつけて登ります。シャクナゲの群生地。マンサクが咲いています。さらに登ると、露岩が目立つ上福根山山頂に到着です。登山口から約4時間。疲れました。樹林に囲まれた山頂なので展望は期待できません。

Img06097
林道から
Img06099 登山道
Img06108
登山道に
Img06118 上福根山山頂

 オコバ谷分岐まで戻ります。上福根山山頂から約50分。分岐から右に。植林帯を下ります。道ははっきりしていますが、路面が水分を多く含んでいるのか、とても柔らかく、足下が安定しません。テープや道標があるので助かります。休み休み慎重に歩いて約35分、植林帯を抜けて広場に出ました。ここにも福寿草が咲いています。広場を抜けて福寿草の咲く樹林の中を下ります。
 両側に張られたロープの間を進みます。福寿草です。さかりはとうに過ぎているようですが、まだ可憐な花を咲かせています。木に”白崩平”、”お休みどころ”の標識。リュックを置いて岩に腰掛け、正面の岩宇土山を見上げます。ここまでオコバ谷分岐から約1時間。

Img06104
下山道から
Img06128
キヤノキ谷分岐
Img06130
オコバ谷へ
Img06137 広場
Img06150 白崩平 Img06156 白崩平から、岩宇土山

 先に進み、ロープを握って急坂を下ります。植林帯から自然林の中に。快調に下り、涸れ沢を歩きます。椿が咲いています。”登山口”の標識から左に折れて進むと、倒木に”左岸ルート立入禁止”の標識。その先に桜。右の方を見ると、”オコバ谷登山口”の道標、周辺の岩に赤丸がつけられています。対岸にはロープがあります。
 沢を渡ってロープをつかんで登り、左へ。5分ほど進むと、工事現場が見えるようになります。ロープが工事現場までつながっています。小さな沢を渡り進むと、砂防堤工事現場が正面に見えるようになります。急斜面をジグザグに下るとオコバ谷登山口です。砂防堤を見ながら林道を下り、県道に出て左へ。白崩平から約1時間、久連子・岩宇土山登山口に戻りました。

Img06154
白崩平
Img06170
対岸に
Img06173 登山道から Img06179 オコバ谷登山口

 一周して約7時間20分。上福根山は遠かった。クマザサをかき分けて進んでいる時に突然頭に強い衝撃を受けたり、白崩平へ下る途中足がつってしばらく動けなくなったり、痛みに耐えながらの山歩きでしたが、ひょっとしたらと思っていた福寿草を見ることができたり、展望を楽しんだりすることができました。疲れましたが、充実の山歩きでした。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

« 長崎県平戸市 サムソンホテル | トップページ | 仰烏帽子山(のけえぼしやま)1302m »

山歩き_05熊本県」カテゴリの記事