2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 霧島国際ホテル 鹿児島県 | トップページ | 傾山(かたむきやま)1,605m 大分県 »

2013年5月27日 (月)

大障子岩(おおしょうじいわ)1,451m 大分県

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

Img06879_2 大障子岩、登山道から

大きな地図で見る

【登山口】
神原白水(こうばるしろうず)

【駐車場】
登山口手前の広場に約10台、トイレなし

Img2

 コンビニ _登山口近くにはありません。R57玉来交差点の直ぐ先に。
 登 山 道_テープや道標をたどって歩けば道に迷う心配はありません。
 展   望
_山頂の先からは傾山や祖母山、障子岳などが展望できます。
 オススメ _山頂の先からの雄大な展望。遠望のきく日に。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

  041  大障子岩 (おおしょうじいわ) 1,451m 大分県 竹田市

 

 神原白水登山口から山頂往復
       歩きやすさ B 展望 A おすすめ度 B

 1回目  2013(H25)年 5月22日(水)  はれ  

 

 登山口9:50→11:16滝→12:10八丁越
  →13:06大障子岩山頂13:32→14:06八丁越
   →14:50滝→15:54登山口

 歩行時間 5時間30分
 ( 駐車場・登山口→山頂 190分 )
 ( 山頂→登山口・駐車場 140分 ) 

Img06886 大障子岩山頂  

 大分県竹田市の大障子岩を歩きました。
 九州道熊本ICを出て阿蘇方面に進み、R57へ。道なりに進み、阿蘇を経由して大分県竹田市に。玉来交差点を右折、県639へ。突き当たりのT字路を左折して県8に、次の交差点を右折して再び県639へ。”あ祖母学舎”、”祖母山”を目印に進みます。
 ”あ祖母学舎”を右に、”穴森神社”入口を左に見て快適な2車線道路を道なりに進みます。
 2車線道路の下り坂、標識から左折して橋を渡り植林帯の中を少し進むと、右手に広場(駐車場)があります。その先を左に入ると八丁越(大障子岩)の登山口です。

Img06891
大障子岩山頂から  

 天気は晴れ。暑くなりそうです。クマに遭遇しませんように、と祈りながら広場を出て右に。すぐに左に入り、八丁越(大障子)の道標から右へ。作業道をゆるやかに登ります。伐採された大木が道をふさいでいます。
 登山口から10分足らず、樹木に大障子岩の道標。左へ。植林帯の中の急坂をジクザグに登ります。10分ほどで傾斜が緩み、山腹を巻くように進みます。道標が木に巻き付けられています。新緑が美しい。

Img06809  駐車場、右へ Img06810   登山口
Img06931
分岐、左へ
Img06816 登山道

 先の分岐から約20分、分岐です。ここも、樹木に大障子岩の道標が取り付けられています。右に登ります。植林帯の中を抜け、再び山腹を巻くように進みます。分岐から約20分、巨岩が目の前に。道がわかりづらいが、上に進み巨岩の右側を抜けます。
 白い花。水音が聞こえます。倒木に道標、”・・ルート続く”。このあたりは倒木がたくさん。道標です。”・・対岸にルート続く”。小さな沢に出ました。巨岩から約15分。ちょろちょろと流れています。振り向けば樹間から九重連山が見えるはずですが、今日はムリ。対岸に渡り沢に沿って登り、左上へ。倒木に道標。ちょっと見づらい。樹林の中を通って先に進みます。
 登山道にはテープや道標がたくさん、とても助かります。ゆるやかな傾斜が続いて山腹を巻くように進みます。道が広々。新緑に癒やされながら歩きます。前方に小さな滝が見えます。前の水場から約20分。
 滝を迂回するようにして進みます。左上に道標。涸れ沢の中を歩きます。大きな岩がごろごろ。足を取られて歩きにくい。ケルン。石にテープが巻かれています。ここにも、オレンジ色の板に”←八丁越”の道標。左へ上がり、尾根に。急登です。今回の歩きではここからの登りが一番きつかった。少し歩いては立ち止まり、息を整え、のどを潤し、ぼてぼてと力なく歩きはじめます。
 山頂かな。わずかに樹間から見えます。傾斜が緩んで登山道は左の方に。道が合わさり坂の途中に道標。小滝から約55分。やっと、という感じで八丁越に到着です。

Img06819 分岐、右上に Img06929_2 巨岩、通り抜けて
Img06833 Img06845
登山道から
Img06926_2 水場 Img06857 八丁越

 約1分、ここも八丁越。大障子岩まで45分、となっています。5分ほど進むと周辺の山々が展望できるようになってきます。傾斜が急になり、全身を使い勢いをつけて登ります。岩場に腰を下ろし展望を楽しんだり、急坂を少し登っては立ち止まり眺望したり。祖母山が展望できるようになってきました。遠目が効かないのがちょっと残念。
 大障子岩が間近に見え、目の前に壁のような巨岩。ロープがあります。少し登ると左に道が見えましたが、ロープを伝って岩の上に登ります。登ったはいいが、どう降りればいいのだろう。ちょっと調子に乗りすぎました。八丁越から約30分。
 先に進むと道は二手に分かれています。左にテープが見えていますが、下り坂。できることなら下らずに山頂まで行きたいものです。まずは右に。すぐに行き止まり、断崖絶壁です。正面に大障子岩。
 あきらめて分岐まで戻り左へ、鞍部に下って左回りで登り返します。道が広くなったところで下からの道と合流、障子岩からの道でしょうか。左に、坂を登り分岐から約10分、大障子岩山頂に到着です。分岐から山頂まで、予想よりも楽に到達できました。

Img06865 登山道から Img06870 登山道から
Img06880 登山道 Img06882 行き止まりの登山道から
Img06914 大障子岩山頂 Img06903 大障子岩山頂から
Img06899 大障子岩山頂から  

 時折日が差すのですが、雲が多くて遠望がききません。残念ですが、下山の予定時間になりました。
 ガイドブックには”登りがいのある絶景の山”と紹介されていて歩行時間は8時間近く。絶対ムリ、とあきらめていました。それでも何とかならないかとブログを見ていたら、白水コースがあるのを発見。このコースならぎりぎりいけそう、と計画しました。
 舗装路が登山口まで続いていてアプローチしやすく、テープや標識が各所にあって道に迷うことはありませんでした。山頂まで3.2㎞、全行程約6時間。歩きにくい所もあって疲れましたが、充実の山歩きができました。そして、大障子岩は絶景の山でした。

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

« 霧島国際ホテル 鹿児島県 | トップページ | 傾山(かたむきやま)1,605m 大分県 »

山歩き_04大分県」カテゴリの記事