2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 立花山_2(たちばなやま)367m | トップページ | 福智山_16(ふくちやま)901m »

2013年8月17日 (土)

花切山(はなきりやま)669m

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

Img05515
花切山山頂


大きな地図で見る

【登山口】
丸野駐車場・平成登山道入口

【駐車場】
数十台・トイレあり

Photo

 コンビニ _清武町永田交差点に。県376号線、学園木花台にセブンがあります。
 登 山 道_分岐には道標がありますが、テープは少ない。あかご淵近くは荒れぎみ。
 展   望
_樹林のすき間や上から覗く程度。山頂からは南東方面が少しだけ。
 オススメ _透明度の高い加江田川、遊歩道はほぼ平坦な道。休憩所やトイレも各所に。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

 

  701  花切山 (はなきりやま) 669m 宮崎県 宮崎市

 

丸野駐車場から遊歩道を歩き、平成登山道入口から花切山山頂へ
       歩きやすさ B 展望 B おすすめ度 B

 1 回目  2013(H25)年 1月 24日(木)  はれ 山頂8℃ 

 

   平成登山道入口→花切山→あかご淵  周回

8:08駐車場→9:11平成登山道入口→10:08展望所→10:50斟鉢山分岐
 →10:57赤松展望所→12:11あかご淵分岐→12:15花切山山頂12:33
 →12:35あかご淵分岐→12:41花切展望所→13:18椿山キャンプ場分岐
 →14:19あかご淵→14:44平成登山道入口→15:32丸野駐車場

 実歩行時間 6時間55分

( 丸野駐車場→平成登山道入口 60分 )
( 平成登山道入口→赤松展望所 105分 )( 赤松展望所→花切山山頂 75分 )
( 花切山山頂→あかご淵 105分 )
( あかご淵→丸野駐車場 70分 )

Img05519_
花切山山頂

 宮崎県宮崎市の花切山を歩きました。昨日はしっかり雨。ぬかるんだ道や濡れた草むらを歩くことを想定してスパッツをつけます。行動時間は8時間を予定。のんびり休憩している余裕がないので、いつもより多めに行動食をバックに詰め込んで出かけます。

Img05525_
花切展望所から

 駐車場の奥へ。”宮崎自然休養林”の看板横の案内図でコースを確認。口を開けた恐竜さんを横目に見ながら舗装路を歩きます。集落を抜けると未舗装路に。伐採をしています。ほぼ平坦で車1台分ほどの道幅。加江田川のすぐ横を歩きます。駐車場から約15分。”国有林入口”となっています。案内図や杖があります。箱の中に自然休養林のエリアマップがあり、見所も紹介されています。一部マップをもらって歩きます。
 水の色がとてもきれい。透き通っています。駐車場から1.1㎞、20分足らず、ひょうたん淵です。橋を渡ります。双石山登山口の道標です。名称や距離などが書かれた道標があり、加江田川沿いの渓谷を歩くので飽きずに心地よい歩きが楽しめます。この水量豊かな加江田渓谷、遊歩道沿いに約8㎞続いているそうです。新緑や紅葉の季節はもっといいでしょうね。”山の神”が祀られています。遊歩道左側に東屋、右の階段を登ったところに建物が見えます。トイレでした。広場も。駐車場から1.6㎞、30分足らず。硫黄谷休憩所です。説明書きです。そういえば、かすかに硫黄の臭いがしているような。
 橋を渡って進みます。”千畳岩”を過ぎて、駐車場から2.4㎞、45分ほど。広河原休憩所です。斟鉢山分岐ですが、橋がなく川を渡れません。”静の谷”、”おかめが谷”を経て植林帯に入ると多目的広場です。駐車場から3.2㎞、約55分。ここにも双石山への分岐があります。最後のトイレです。”蛇淵”を過ぎて遊歩道は右の方へ。”この橋の名前、なんと読むんだろう。第一家一郷橋”を渡り対岸を歩くと、すぐに平成登山道入口に。駐車場から3.7㎞、約60分でした。

Img05417
丸野駐車場
Img05418
遊歩道入口
Img05421
国有林入口
Img05425
まもなく、ひょうたん淵橋
Img05437
硫黄谷休憩所
Img05448
広河原休憩所
Img05449
斟鉢山分岐
Img05458
多目的広場
Img05460
蛇淵付近
Img05465
平成登山道入口

 登山口の道標から植林帯に入ります。赤松展望所の道標から右へ。沢を渡ると急坂です。いったん下って登り返します。細尾根、大木。ロープが張ってあります。樹木の根が地を這っているので、足を引っかけないよう注意して歩きます。
 分岐には道標があるので助かります。再びロープが見えます。ここを登るようです。突風に、しがみつくようにして登ります。北側方面でしょうか。樹林の間から覗きます。アップダウンを繰り返しながら進みます。樹木に手をかけ巨岩の間を通ったり、迂回したり。登山道を外れないように黄色いテープが樹木に渡してあります。向きを変えて登ると、展望所。西側方面が見えます。遠くの山の山頂にたくさんの塔が見えます。ここまで登山道入口から約60分。
 ハシゴです。登ろうとしたらどうもおかしい。一段目がありません。坂を登り終えたら、ウラジロでしょうか。生い茂っています。折角登ったのに、抜けると下り。登っていくと、やっとという感じで斟鉢山分岐です。道がわかりづらい所が数ヶ所がありましたが、何とか迷わずに来られました。登山道入口から約100分。傾斜が緩んで雰囲気の良い自然林の中を歩きます。分岐を左に登ると直ぐに赤松展望所です。斟鉢山分岐から約5分。展望所は狭くはありませんが、真ん中にテーブルベンチがあるので大人数では使い勝手が悪いかも。周囲が樹林で囲まれ、あまり展望は得られません。登山道入口から1.8㎞。駐車場からだと5.5㎞歩いたことになります。

Img05473
登山道
Img05475
登山道から
Img05477
登山道
Img05480
展望所から
Img05481
はしご
Img05484
斟鉢山分岐
Img05491
赤松展望所
Img05493
赤松展望所から

 分岐まで戻り、花切山へ向かいます。急降下。どんどん下ります。巨岩の前に出ると道は平坦に。たった5分間下っただけで、足を滑らせて2度もひっくり返ってしまいました。ここで一息。
 アップダウンを繰り返しながら、自然林の中を歩きます。樹林の根が露出しています。薄日が差して気持ちの良い縦走路です。ロープが張られています。道標です。岩の上にバックを下ろしてちょっと一息。
 先に進みます。樹間から周辺の山々が展望できます。道標に”赤松展望所まで約60分”と書いてあります。登って行くと、やがて花切山分岐に到着です。左へ。5分もかからずに花切山山頂です。山頂からは南東方面が少しだけ展望できます。赤松展望所から1.5㎞、約75分。駐車場から7.0㎞。

Img05497
登山道
Img05503
登山道
Img05505
登山道から
Img05506
登山道
Img05509
花切山山頂分岐
Img05518
花切山山頂

 分岐まで戻り、あかご淵を目指します。分岐から5分足らず、花切展望所への分岐に。案内板が外れています。右へ、急坂を登ると、すぐに花切展望所に到着です。ここも樹林に囲まれ、間から覗く程度ですが、遠く海が見えます。
 登山道まで戻って下ります。花切展望所から約30分。椿山キャンプ場とあかご淵の分岐に。ここを右へ。滑りやすいのでロープにつかまり、足下に注意して渡ります。山の神が祀られています。倒木が道をふさいでいるところもありますが、歩きやすく気持ちの良い登山道です。やがて水音が聞こるようになり、登山道が荒れて歩きにくくなってきました。大雨が降れば崩壊してしまいそうな感じの登山道です。歩くコースを確認しながら斜面をジクザグに下って沢に。無事に渡れそうな所を探して対岸に。沢沿いに歩くと、5分足らずで遊歩道に出合います。ここがあかご淵。花切山山頂から3.1㎞、約105分でした。
 右へ、駐車場に戻ります。 加江田川沿いの遊歩道を歩きます。人形淵を過ぎて橋を渡ります。双石山分岐です。杉の大木が林立する中を歩きます。あかご淵から1.6㎞、約20分。平成登山道入口です。あと3.7㎞。歩きやすい平坦な道なので疲れた身体でもあまり苦になりません。あかご淵から約70分。一気に駐車場まで戻ってきました。

Img05522
花切展望所
Img05525
花切展望所から
Img05531
下山道
Img05536
あかご淵へ
Img05538
山の神
Img05541
下山道
Img05547
沢を渡る
Img05549
遊歩道に
Img05550
下山口
Img05556
丸野駐車場へ

 朝8時過ぎにスタートして約7時間30分。歩いた距離をマップで見ると 15.4㎞。よく歩きました。登山道の分岐には道標があり、大きく道を間違うことはありませんが、テープが少ないのでどちらに進もうか悩む場面が幾度となくありました。樹木の根が地表に露出しています。やせ尾根も、危険な箇所もありました。
 この加江田渓谷の遊歩道、よく整備された平坦な道で歩きやすく、休憩所もあってハイキングに適したところのようです。深い緑に覆われた加江田渓谷、川の瀬や淵を眺め、水音や野鳥のさえずりに耳を傾けながらのんびり歩くのも楽しそうです。季節をかえて、丸野駐車場から椿山キャンプ場まで時間をかけて遊歩道を往復してみようと思います。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)    新九州百名山 

« 立花山_2(たちばなやま)367m | トップページ | 福智山_16(ふくちやま)901m »

山歩き_06宮崎県」カテゴリの記事