2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 霧島観光ホテル 鹿児島県 | トップページ | 泉水山(せんすいざん)1447m・黒岩山(くろいわやま)1503m »

2013年10月22日 (火)

古処山(こしょさん)_2 860m ・屏山(へいざん)927m

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

 

Img08267
古処山山頂

 


大きな地図で見る

【登山口】
古処山林道終点

【駐車場】
林道終点に十数台・トイレなし

Kosho_2

 コンビニ _R322沿いに。
 登 山 道_”大将隠”への道がわかりづらかった。滑りやすいので下山時注意。
 展   望
_山頂からは180°の展望です。
 オススメ _屏山への縦走路。ツゲ林の中を気持ちよく歩けます。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

 

  010  古処山(こしょさん)   860m  福岡県 朝倉市

 

ツゲの原始林の中を歩き、屏山から古処山へ
         歩きやすさ B 展望 B おすすめ度 A

回目  2013(H25)年10月18日(金) くもり 山頂18℃  

 

古処山林道終点(5合目)→屏山山頂→古処山山頂 往復 

登山口10:32→11:10水舟→11:13屏山分岐→11:38稜線出合
 →12:19屏山山頂12:44→13:08稜線出合→13:16分岐(奥の院・大将隠)
 →13:25大将隠→13:49古処山山頂14:07→14:22屏山分岐
 →14:24水舟→14:52登山口
 

歩行時間 3時間30分  歩行距離 5.6km
 ( 登山口→屏山山頂 105分 )( 屏山山頂→古処山山頂 60分 )
 ( 古処山山頂→登山口 45分 )

Img08218
登山道  

 福岡県の古処山・屏山を歩きました。
 R322から道標にしたがって古処山林道に入ります。道がやや狭くなるところもありますが、舗装路が終点まで続き、快調に車を走らせることができました。終点は道が広くなっていて十数台駐車できそうです。トイレはありません。

Img08242
屏山山頂

 丸木段を登ります。気温は16℃。沢沿いに歩きます。小さな橋を渡って石畳の道を歩きます。”バス停まで2㎞”の道標を見て進むと、巨石の上に石碑。道標でしょうか。6合目、紅葉谷分岐です。分岐の方を見るとロープが見えます。登るには骨の折れそうな、ものすごい急斜面です。
 左上に石垣。崩落気味の段差を乗り越えると7合目。道標が木にくくりつけられています。涸れ沢を横切り進むと右上に水舟が見えるようになり、登山口から約40分、水舟に到着です。水が出ていません。涸れているようです。小休止。

Img08181
登山口
Img08187
 登山道
Img08191
紅葉谷分岐
Img08285
 水舟

 ”古処山頂あと20分”の道標を見て左に進みます。5分ほど進むと、屏山分岐に。屏山まで50分となっています。右に登ります。すぐに左に道が分かれ、紅葉谷からの道が右から合わさります。ツゲの原始林の説明板です。両側にツゲの木。平坦な細道を歩きます。やがて右側が植林帯になり、分岐から約25分、稜線に出ます。ツゲ林の中の気持ち良い登山道でした。
 道標に、”屏山山頂1.2㎞”とあります。丸木段のある長い坂道をあえぎながら登ります。”屏山0.8㎞”の道標を過ぎると、”再会の木”と書かれた板が樹木にくくりつけられています。最初は意味がわからなかったのですが、横から見たら納得。大岩がたくさん。樹林の間から少しだけ展望できます。”屏山0.4㎞”の道標を過ぎると、植林帯の中に。あと100m。左に折れ、登ります。自然林に囲まれた、とても雰囲気の良い登山道を抜けると、屏山山頂に到着。稜線出合いから約40分。北側方面が展望できます。
 

Img08204
左へ
Img08213
 屏山分岐
Img08217
ツゲ林
Img08221
 稜線に
Img08225
登山道
Img08234
 再会の木
Img08241
登山道
Img08243
 屏山山頂から

 分岐まで戻ります。稜線出合。あと、”古処山頂0.5㎞”、です。分岐を直進。丸木段があり、巨石の間を登ります。”特別天然記念物 ツゲ原始林”の道標。”奥の院・大将隠”の分岐を、右へ。道を進んでいると道標です。通り過ぎたようです。道がわからずにあっちこっち。
 分岐から右に見えている巨石の裏に道標がありました。下って大将隠を見学。奥の院へ向かいます。巨石が積み重なった岩場をクサリを伝って下るようですが、手に負えそうにありません。あきらめて引き返し、古処山山頂に向かいます。
 大将隠から20分足らず進み、ちょっと下ると古処山山頂の標識があります。

Img08253
登山道
Img08261
 大将隠
Img08264
登山道
Img08278
 古処山山頂から

 古処山山頂の気温は18℃。山頂からは南側方面が展望できます。
 下山します。少し下ると広場があります。お地蔵さんです。歌碑があるようですが、立ち寄らずに下ります。屏山分岐です。古処山山頂から約15分。一周して戻ってきました。水舟を経て往路を下り、登山口に戻りました。
 登山道が濡れていたり、石畳に水が流れていたり、滑りやすいので休み休み慎重に下りました。古処山山頂を迂回してツゲ林の中を歩く、屏山への道は歩きやすく雰囲気がいいのでオススメです。

Img08282
山頂下広場
Img08283
 歌碑分岐

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

« 霧島観光ホテル 鹿児島県 | トップページ | 泉水山(せんすいざん)1447m・黒岩山(くろいわやま)1503m »

山歩き_01福岡県」カテゴリの記事