2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 二ツ岳(ふたつだけ)1,257m | トップページ | 矢岳(やだけ)1,132m・竜王山(りゅうおうさん)1,175m »

2013年11月12日 (火)

久住山_3(くじゅうさん)1,787m・扇ヶ鼻(おうぎがはな)1,698m

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

 

Img08987
久住山、扇ヶ鼻山頂から

 


大きな地図で見る

【登山口】
赤川登山口

【駐車場】
約40台・トイレあり

Kuju03

 コンビニ _玖珠ICを出てすぐに。
 登 山 道_要所には道標や目印があります。滑りやすい箇所があるので注意。
 展   望
_登山道からも、久住山や扇ヶ鼻山頂からも雄大な展望です。
 オススメ _急登に疲れて振り返ると、絶景です。ぜひ、天気の良い日に。

 

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

 

 

  035  久住山_3(くじゅうさん)
扇ヶ鼻
(おうぎがはな)
1,787m
1,698m 

大分県

竹田市

 

 

 

赤川登山口を起点として展望を楽しみながら、久住山・扇ヶ鼻を歩く 
         歩きやすさ B 展望 A おすすめ度 A

回目  2013(H25)年11月08日(金) はれ 山頂10℃  

 

赤川登山口→久住山→扇ヶ鼻 周回 

登山口7:22→10:13久住山山頂→10:47久住分れ→11:26分岐(扇ヶ鼻)
 →11:46分岐(赤川登山口)→11:48扇ヶ鼻山頂→13:34赤川登山口
 

歩行時間 5時間45分  歩行距離 8.3km
 ( 登山口→久住山山頂 170分 )( 久住山→扇ヶ鼻山頂 85分 )
 ( 扇ヶ鼻→登山口 90分 )

Img08931_
扇ヶ鼻、久住山山頂へ  

 大分県の久住山を歩きました。2回目は牧ノ戸峠から歩きました。今回は違う景色を見たくて赤川登山口から歩きます。
 R442号線を竹田市方面へ。瀬の本高原を過ぎて、久住高原荘入口の先、T字路を左折。舗装路を約5分登ると、トイレのある登山者用駐車場に到着です。ここは、赤川荘の日帰り入浴者の駐車場にもなっているようです。 

Img08964_
扇ヶ鼻へ  

 駐車場を出て舗装路を登り、赤川荘との分岐点を左に。気温は14℃。天気はいいので眺望に期待しながら歩きます。硫黄のような臭いがします。歩きはじめて約5分、扇ヶ鼻分岐です。

Img09027
登山口
Img08881
 分岐(扇ヶ鼻)

 直進。久住山を目指します。下って沢に。丸木橋を渡り進むと、大岩に矢印。強い硫黄の臭いです。ちょっと覗いてから左へ。

Img08884
丸木橋
Img08885
 左へ

 滝かと思ったら、砂防ダム。豊かな水量です。沢音を聞きながら自然林の中を抜けると、林道に。歩きはじめてから約40分。林道をショートカットしながらのんびり進みます。雰囲気のいい道です。
 林道を横切って山道に。急斜面を登ります。

Img08890
林道をショートカット
Img08892
 林道

 看板があります。”登山道の浸食防止技術の開発”、大学の研究室が行っているようで、丸木と鉄柵を組み合わせて土止めをしています。歩きやすくなっているので助かります。急坂を休み休み登ります。天気はいいのですが、かすんでいて遠目がききません。紅葉はもう終わっているようです。

Img08898
登山道の復元
Img08902
 振り返って

 丸木が角材に変わり、やがて岩がごろごろした登山道に。急登が続き、歩くよりも休んでいる時間が増え、なかなか進みません。階段です。歩きはじめて100分。

Img08906
登山道
Img08908
 木段

 U字状にえぐられた歩きにくい登山道です。木の根や幹につかまり全身を使って登るので体力が続きません。雲の上に祖母山系は見えるけど、いまだに阿蘇山は雲の中。大岩がゴロゴロ。岩に手をかけ勢いをつけて登ります。
 冷たい風が強く吹いて、帽子は押さえていなければ飛ばされそうです。扇ヶ鼻がしっかり見えるようになり、斜度が緩んでやがて久住山山頂に到着です。

Img08917
雲の上に
Img08923
 登山道

 久住山山頂は冷たい風が強く吹き、油断すると身体ごと持って行かれそうです。気温は10℃。相変わらず阿蘇山は見えません。ゆっくり休憩して展望を楽しむつもりでしたが、じっとしているのがつらいので10分ほどで扇ヶ鼻へ向かいます。

Img08944x
久住山山頂
Img08935
星生山・硫黄山・三俣山
Img08939
 天狗ヶ城・中岳・大船山

 久住分れです。風が弱まり暑くなってきました。避難小屋やトイレのある広場を抜けて斜面を登ります。団体さんの通過でしばし休憩。西千里ヶ浜です。振り返ると久住山に星生崎。いい眺めです。肥前ヶ城に立ち寄ろうと分岐を探しながら歩いていたら、いつの間にか星生山分岐に。地図で確認。どうやら通り過ぎています。

Img08967
久住分れ
Img08975
 登山道

 黒岩山や涌蓋山が見えます。リュックを置いて休憩。
 扇ヶ鼻分岐から左へ。坂を登り、一旦下って急登します。登り終えると、なだらかな道に。右に扇ヶ鼻山頂が見えます。右に左に、黒岩山や久住山を見て一息。ゆるやかに登ると赤川登山口への分岐、道標が倒れています。巨石の間を抜けると扇ヶ鼻山頂に到着です。久住山や長者原方面がよく見えます。気温は16℃。ここも強風が吹き、寒い。

Img08979
分岐(扇ヶ鼻)
Img08985 分岐(赤川登山口)
Img08988
扇ヶ鼻山頂
Img08989 長者原方面

 ここも10分ほどで下山します。少し戻り、分岐から右へ。急坂を滑らないように慎重に下ります。トラバースするように進み、麓の景色を見ながら緩やかに下ります。雲が多くて遠くまでは見渡せませんが、なかなかの景色です。立ち止まりじっと眺めて見覚えのある場所を探します。やがて道は平坦になり、久住山を見ながら歩きます。
 自然林の中を下ります。まだ、紅葉が残っています。沢音が聞こえ、落ち葉の絨毯をガサガサ音を立てながら下ると、分岐(扇ヶ鼻)に。右に進み登山口に戻ります。

Img09004
下山道
Img09014 下山道

 
 今日はいい天気でした。が、どちらの山頂も突風が吹き寒くて長居できず、しかも遠望がきかなかったのは残念でした。急登が続いたり、眺めが良かったり、休憩ばかりで歩くのに時間がかかりましたが、このコースまた歩いてみようと思います。
 お山の紅葉は終わっていましたが、長者原は紅葉真っ盛りでした。

 福岡   佐賀   長崎   大分   熊本   宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別)  新九州百名山 

« 二ツ岳(ふたつだけ)1,257m | トップページ | 矢岳(やだけ)1,132m・竜王山(りゅうおうさん)1,175m »

山歩き_04大分県」カテゴリの記事