2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 紫尾山 | トップページ | 甫与志岳 »

2014年6月11日 (水)

稲尾岳

福岡  佐賀  長崎  大分  熊本  宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山 

 

Img03283
稲尾岳

【登山口】
稲尾岳西口登山口

【登山口まで】
大きな地図で見る

【駐車場】
ビジターセンター(トイレあり)、登山道入口に各数台

Inao

 コンビニ _269錦江町神川にありました。
 登 山 道_道順を示す丸い番号札があります。清流を歩きます。
 展   望_展望は自然石展望台から、東南方面だけです。
 オススメ _清流の中を歩きます。けっこう楽しめます、ちょっと時間をかけすぎましたが・・。

 

福岡  佐賀  長崎  大分  熊本  宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山 

 

  091 稲尾岳(いなおだけ)(枯木岳) 959m 鹿児島県 錦江町

 

西口登山口から枯木岳を経て稲尾岳山頂往復         
         歩きやすさ A 展望 B おすすめ度 B

回目 2012(H24)年 5月17日(木) はれ 

 

 稲尾岳ビジターセンター8:24→8:28登山道入口→8:26西口登山口
  →9:13川の源 →9:25自然石展望台→9:52枯木岳山頂
  →10:08稲尾岳分岐→10:41稲尾岳山頂11:03
    →11:03分岐→11:51枯木岳山頂→12:15自然石展望台12:32
  →12:43川の源→13:10西口登山口→13:22ビジターセンター

 歩行時間 4時間10分  
  ( ビジターセンター→稲尾岳 130分 )( 稲尾岳→ビジターセンター 120分 )

Img03269
稲尾岳  

 鹿児島県錦江町の稲尾岳ビジターセンターから稲尾岳を歩きました。晴れの予報でしたが、少し雲が多いようです。
 東九州道国分ICを出て右折、R220号線を垂水方面に南下します。鹿屋市街地には入らず、佐多岬方面へ。R269を錦江、根占方面へ。栄町交差点を左折、R448を道なりに進み、錦江町田代麓交差点を右折、県道68号線に入ります。
 花瀬公園、照葉樹の森の道標があります。稲尾岳の道標から左折して林道に。ゲートの下を通り進むと車止めがあり、左に進むと稲尾岳ビジターセンターがあります。

Img03218
左折
Img03220
 ゲート
Img03224
登山道入口
Img03223
 稲尾岳ビジターセンター

 歩き始めは少し肌寒く感じたので、上に1枚羽織って出かけました。車止めまで戻って、未舗装路を約10分歩くと西口登山口にでます。まだ歩きはじめたばかりですが、暑い。5分ほど休憩。服装を整えます。
 しばらくは沢づたいに歩きます。清流の中を歩きます。水量が少ないので助かります。登山道には道順を示すオレンジ色の丸い番号札があるので迷うことなく進むことができます。でも、滑らないように、慎重に足下を確かめながら時間をかけて進みます。”川の源”です。ここからしみ出した水が川となり海まで流れていきます。
 樹林の間を歩きます。羽虫に蜘蛛の巣、狭くて歩きにくい道を10分ほど歩くと、”自然石展望台”です。右に。天気の良い日は種子島まで見える、と案内板にありますが、今日はとても無理。稲尾岳を写真に収めて登山道に戻ります。
 巨大倒木根株の案内板があります。見渡すのですが、どこにあるのかわかりません。展望台から約25分、枯木岳の頂上に。展望はなく、三角点が登山道の真ん中にあります。羽虫が多くてじっとしていられないので先に進みます。
 急坂を下ります。約10分で北口登山口と稲尾岳山頂との分岐にでます。右に向きを変え山頂を目指します。オレンジ色の番号札からピンクの番号札に変わります。登山道も広くなって歩きやすく、心地よい風が吹き、緑がとてもきれいなので、気持ちよく歩けます。キョロキョロしながらのんびり。約30分かけて稲尾岳山頂に到着です。
 山頂は稲尾神社の鳥居や祠があります。展望はありませんが、木漏れ日がさしてすがすがしい気分です。
 

Img03226
 登山道
Img03231
沢づたいに
Img03239
川の源
Img03242
登山道
Img03244
展望台案内板
Img03253
枯木岳
Img03259
分岐(稲尾岳)
Img03273
稲尾岳に

  休憩して往路を戻ります。もう一度、巨大倒木樹根株を探しましたがわかりません。自然石展望台にもう一度立ち寄り眺めましたが、やっぱり種子島は見えませんでした。

  
 登山口まであと少しというところで車止めがあって進めません。どこに車を止めようかと思っていたら、”ビジターセンター 駐車場”と書かれた案内看板がありました。左に進み、坂を下るとビジターセンターの建物が正面に見えるようになります。が、どこに車を止めればいいかわかりません。センターの方に伺って芝の上に駐車させてもらいました。親切にも、パンフレットやジオラマを使って稲尾岳の説明をしてくれました。

 

 

福岡  佐賀  長崎  大分  熊本  宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山 

« 紫尾山 | トップページ | 甫与志岳 »

山歩き_07鹿児島県」カテゴリの記事