2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

« 大箆柄岳 | トップページ | 種から育てるパンジーとビオラ 2014年 その1 »

2014年9月15日 (月)

六ヶ岳

福岡  佐賀  長崎  大分  熊本  宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山 

 

Img02519
六ヶ岳

【登山口】
内野池登山口

【登山口まで】
大きな地図で見る

【駐車場】
広場に約10台、
トイレなし

Mutsu

 コンビニ _県9号線、芹田東交差点に。
 登 山 道_標識がわかりづらい箇所がありました。
 展   望_山頂からは360°、展望抜群です。
  オススメ _途中から急登しますが、短時間で山頂まで。

 

福岡  佐賀  長崎  大分  熊本  宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山 

 

  215 六ヶ岳(むつがたけ) 339m 福岡県 宮若市

 

急登して山頂へ、展望を楽しむ         
         歩きやすさ A 展望 A おすすめ度 A

回目 2014(H26)年 9月11日(木) はれ 山頂25℃ 

 

 駐車場所9:29→9:41内野池登山口→9:46分岐(六ヶ岳)
  →10::18六ヶ岳10:32→10:34分岐(鞍手)→10:59分岐(直方)
  →11:31分岐(六ヶ岳)→11:34内野池登山口→11:44駐車場所 

 歩行時間 2時間00分  4.3㎞
  ( 駐車場所→六ヶ岳 50分 )( 六ヶ岳→駐車場所 70分 )

Img02514
六ヶ岳山頂  

 福岡県宮若市の六ヶ岳を歩きました。
 山歩きは実に4ヶ月ぶり。今夏は雨の日ばかり、たまに晴れても突然の雨。遠出する意欲がわかず、近場をうろうろしていました。しばらくぶりなので、短時間で山頂まで到達できる展望のいい山、六ヶ岳を歩くことにしました。
 九州道若宮ICを出て、県9、県463を経て県21へ。坂を上りつめた右側に案内板が見え、右折。標識から引き返すように左に曲がって橋を渡り、さらに左に。標識から約1㎞、右カーブを曲がると、路肩に3~4台止められそうなスペースがあります。内野池登山口はまだ先ですが、道幅が狭いのでここから歩くことにしました。

Img02500
内野池から、六ヶ岳 

 樹林に囲まれた沢沿いのコンクリート舗装路をゆるやかに登ります。右に建物が見えます。近寄って見ても、これは何だろう?

Img02495
ここからスタート
Img02496
 何だろう?

 駐車場所から約10分、道が広くなり正面に内野池。右に広場があります。10台くらい駐車できそう。少し左に下ると、六ヶ岳が見えます。標柱があり、登山時間は約60分となっています。
 舗装路を2~3分進むと、分岐(六ヶ岳)。左に折れ、未舗装路を内野池に沿って進みます。

Img02498
内野池登山口に
Img02503
分岐(六ヶ岳)

 樹林の中をゆるやかに登ります。沢を渡って進むと、樹林にロープが渡されていて傾斜が急になります。分岐(六ヶ岳)から約10分。
 樹林の中の道なので湿っていて足元も悪く、滑らないようにロープを伝って慎重に急坂を登ります。やがて両脇のロープがなくなり、傾斜が緩み、前方に電波塔が見え、登りつめると六ヶ岳山頂に到着です。

Img02509
 急登します
Img02513
電波塔が見えます

 山頂は広々。360°開けていて眺めは良いようですが、今日は残念ながらかすんでいて遠望がききません。あれは福智山かなぁ。丸太ベンチに座ってひと休み。

Img02527
六ヶ岳山頂
Img02524
山頂から

 反対側に下ります。NHKの電波塔横を1~2分下ると分岐(鞍手)です。樹木にいっぱい道標がつけられています。右に、直方方面に下ります。
 道ははっきり、よく整備されています。二叉の道は矢印にしたがって右へ。少し進むと道が合わさります。
 樹木に温度計がつけられています。気温は23℃。道脇に丸太が置かれ、休憩所の看板、”ここでいっぷく”。

Img02539
分岐(鞍手)
Img02546
休憩所

 さらに樹林の中を下ると、樹木にいっぱい道標がつけられています。ただ古くて文字が消えかかっていてはっきりしません。正面から見るとかすかに”宮田”と見えます。多分、分岐(直方)。
 ずいぶん迷いましたが、右に折れ、竹林の横を登ります。あまり登山者は通らないようです。先ほどの下山道とはずいぶん違って荒れた感じ。
 登りつめると十字路に。赤テープが左の樹木に巻かれ、下に”竜ヶ岳城跡”とマジックで書かれています。今回は素直に直進。快調に下っていたのですが、向きが変わって荒れた道になり不安に。間違えた、と思い十字路まで戻り、確認します。
 自信はないけど、やっぱり直進するしかない、と再び下ります。

Img02549
分岐(直方)
Img02553
十字路に

 踏み跡のはっきりした登山道になり、やがて内野池に出てほっと一息。十字路から約10分でした。
 左に。舗装路を進み、分岐(六ヶ岳)を通って登山口へ。さらにのんびり駐車場所に戻ります。

Img02556
下山道
Img02560
分岐(六ヶ岳)に

 

 

福岡  佐賀  長崎  大分  熊本  宮崎  鹿児島 
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

« 大箆柄岳 | トップページ | 種から育てるパンジーとビオラ 2014年 その1 »

山歩き_01福岡県」カテゴリの記事