2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

経ヶ岳

020  経ヶ岳 きょうがたけ 1,076m  佐賀県 鹿島市 

 

Image4

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

奥平谷キャンプ場から  大樹の森を抜けて岩場をよじ登り山頂へ    
歩きやすさ B  展望 A  おすすめ度 A
 駐車場  奥平谷キャンプ場駐車場に数十台  トイレなし
【駐車場まで】

大きな地図で見る
   長崎道武雄北方ICを出て武雄温泉街方面、R34へ入り、二俣交差点を左折してR498へ。鳴瀬橋東交差点を右折、楢崎交差点を左折して進む。嬉野市役所前交差点を左折して2つ目の信号、五町田交差点を右折して県208号線に入る。塩田分岐交差点を左折し、次のT字路を右折して進む。トンネルを抜け、突き当たりを右折、R444号線に入る。中木庭ダムを右手に見て進み、平谷温泉を通り過ぎると、奥平谷キャンプ場に到着です。トンネルの手前、R444号線沿いのキャンプ場入口に駐車場があります。武雄北方ICから約40分かかりました。
Image11

コ ン ビ ニ ;R498号線、嬉野市役所交差点手前にセブンイレブンがあります
歩きやすさ;森の中を歩いたり岩場をよじ登ったり、変化に富んでいて楽しめます
展       望;経ヶ岳山頂は狭いけどとても眺めが良く、周辺の山々が一望できます
おすすめ  ;千年樫や夫婦もみの木などの大樹が生い茂る森の中を歩きます。おすすめです

 

回目                               2009(H21)年12月12日(土)  くもり時々はれ          
山歩き
ルート 
  奥平谷キャンプ場 登山口→経ヶ岳山頂  往復        

 駐車場9:47→9:52登山口→10:31林道→10:48馬の背→11:02展望岩①
  →11:17千年樫→11:37岩場①→11:42岩場②→11:48平谷越→11:53岩場③
  →11:59展望岩②→12:05岩場④→12:11経ヶ岳山頂1215
    →12:25展望岩②13:02→13:12平谷越→13:50馬の背→14:06林道→14:33登山口

 実歩行時間 3時間40分
 ( 登山口→経ヶ岳山頂 120分 )( 経ヶ岳山頂→登山口 100分 )      

 佐賀県鹿島市の奥平谷キャンプ場登山口から、経ヶ岳山頂を往復しました。経ヶ岳は、ウィキペディア(Wikipeia)によると、佐賀県最高峰の山です。天気予報はくもり、あまり展望は期待できませんが、雨が降らないだけましかな、と思いながら駐車場を出発しました。

  登山口は、駐車場から5分ほどの所にあります。少し汚れて見づらくなっていますが、案内図で行程を確認して山道に入っていきます。少し先にキャンプ場との分岐があり、指導標には経ヶ岳山頂まで120分となっています。指導標やテープが要所要所にあるので、慌てずに歩いて行けば道がわからなくなったり、迷ったりすることはありませんが、ガレ場が多く、しかもこけが生えていてすべりやすくなっているので足下に注意して歩かなければなりません。
 沢を渡り、植林の中を歩きます。下の方で川を流れる水の音がします。次第に水音が静かになって小鳥のさえずりがどこからか聞こえるようになり、登山口から約40分で林道に出ます。直ぐ左手に登山道が続いています。
  林道を横切って山道に入り、陽射しがあたらない暗い植林の中の急坂を登ります。汗が噴き出してきます。白いテープを探しながら登っていると、いつのまにか植林が自然林に変わり、登山口から約1時間かかって馬の背に到着です。
  一息ついて、山頂目指して歩き始めます。ジクザクに急坂を登り、少し下って大岩を登ると展望岩①に着きます。馬の背から約10分です。展望岩①からは、西方面が開けています。
  さらに約10分登ると、千年樫や夫婦もみの木などの大樹が生い茂る森の中に入ります。森の中を歩くと、神秘的な雰囲気でとてもすがすがしい気持ちになります。
  森を抜けると岩場があります。鎖やロープを握りしめて足下に注意しながら2箇所の岩場を越えると、平谷越に到着です。登山口から約2時間経過しています。
  右に折れ歩いていくと、垂直の岩場③があります。連続するきつい傾斜の岩場を、鎖を頼りによじ登ると展望岩②です。岩の上に登ると見晴らしが良く、展望雄大で遠く有明海まで見ることができます。
  展望を楽しんでから再び山頂目指して歩き始めます。垂直な岩場④をよじ登り、中山越分岐をやり過ごした先が経ヶ岳山頂です。

 山頂からの展望は良くて周辺の山々がよく見渡せますが、山頂は狭く4~5人もいれば窮屈な感じです。今日は10人ほどの登山者で、ごったがえしています。ちょうど昼食時間です。調理をしている人やおにぎりを頬張る人など、とにかく人であふれかえっていて居場所がありません。とりあえず写真を撮って、展望岩②まで戻ることにしました。
  展望岩の上に座り、多良岳や有明海方面を見ながら食事をして休憩しました。幸いにも食事が終わるまで展望を独り占めできました。
  山頂は人であふれかえっていましたが、平谷キャンプ場からの登山者は少ないようです。このコースは足下が悪く注意が必要ですが、展望岩や経ヶ岳山頂からは展望が良く、大樹の生い茂る森や岩場もあって変化に富んだ山歩きが楽しめます。

Image01750
登山口案内板より
Image01744
奥平谷キャンプ場入口・駐車場
Image01747
登山口
Image01754
キャンプ場分岐
Image01765
林道を横切って
Image01771
馬の背
Image01778
展望岩①
Image01785
千年樫
Image01849
夫婦もみの木
Image01795
大樹が生い茂る森
Image01796
大樹の森の中を
Image01799
大樹の森の中を
Image01803
岩場①  振り返って
Image01807
岩場②
Image01812
平谷越
Image01820
岩場③
Image01825
展望岩②から
Image01843
展望岩②から  経ヶ岳
Image01831
岩場④ 
Image01839
経ヶ岳山頂
Image01834
経ヶ岳山頂から  多良岳・五家原岳

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山