2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

鞍岳_1

048 鞍岳 くらだけ 1,118m  熊本県  菊池市 

 

Image01993

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

鞍岳(女岳)山頂に寝そべり阿蘇山を展望する    歩きやすさ B  展望 A  おすすめ度 A
駐車場 林道脇に駐車スペース(約10台)あり(伏石登山口・森林コース)  トイレなし
【駐車場まで】
 
大きな地図で見る
Page001x

コ ン ビ ニ ;広域農道や国道325号沿いにあります
歩きやすさ;登山道は良く整備されています  急坂が連続します
展       望;鞍岳からの展望は遮るものがなく360°
おすすめ  ;女岳がおすすめ  ゆっくり横になり阿蘇山や俵山などが展望できます   

 

回目                                     2009(H21)年5月5日(日)  くもりのち雨
山歩き
ルート
伏石登山口(森林コース)→鞍岳→ツームシ山→女岳→(パノラマコース)赤崩登山口        

 伏石登山口9:16→9:37林道→10:46鞍岳分岐→10:52鞍岳山頂11:15
  →11:43ツームシ山11:49→12:23女岳12:46→14:00林道→14:07赤崩登山口
    →14:15伏石登山口

 高速道路がどこまで行っても1,000円になって、土曜、日曜や祝日だけですが、とても助かっています。交通費が節約できるだけなんですが・・。この日はこどもの日、ゴールデンウイークまっただ中です。でも、連休は明日までなので夜は渋滞するかもしれないけど、夕方までならそんなに混まないだろうと思っていました。が、高速道路にのってすぐに渋滞に捕まってしまいました。家にたどり着くまでに、なんとふだんの3倍の時間がかかってしまいました。やっぱり、ゴールデンウイークはどこにも行かないのが、疲れないし、お金も使わずに済むなと思いました。

 九州道植木ICから、森林コース(伏石)登山口まで約40分かかりました。高速道路を菊池方面に出て、国道3号線を豊田の交差点から右折し、県道53号線を進み、七条交差点を右折、広域農道を進みます。コンビニのある花房交差点を直進して国道387号線を横切り、さらに進むと国道325号線に突き当たります。阿蘇方面に右折して国道325号線を進み、二つ目の信号を左折します。この辺りから四季の里旭志(きょくし)の案内看板があります。四季の里旭志を過ぎ、右方面に進むと、右カーブの上り坂の左手に森林コース(伏石)登山口があり、その先の道路脇に駐車スペースがありました。

 森林コースは、その名の通り、森林の中を登って行くので展望は全くありません。ロープのある急坂やごろごろした岩の多い登山道を登っていきます。前日は雨でした。今日は晴れるだろうと思って朝早くから出かけてきましたが、雲が多くてすっきりと青空とはいきません。山頂近くでは、花が咲き、新芽が芽吹いていてとてもきれいで、初夏を感じさせられました。写真を撮ろうとデジカメを構えますが、曇り空でさらにガスが上がってきて、うまく撮れません。約90分かかって鞍岳の鞍部に到着しました。相変わらずガスっていて展望どころか、山頂もよく見えません。とりあえず、山頂に登ってみることにしました。鞍岳山頂はあまり広くはありませんが、360°の展望です。晴れていたら阿蘇五岳や九重山などがはっきり見え、雄大な景色を眺望することができそうです。少し休憩してから、ツームシ山へ向かいました。

 いきなり急坂を下ります。行きは花コースを下りました。戻りは階段を上りました。急坂を下ると、平坦な道になり、山頂直前の急坂を登ると、360°の展望が広がります。ツームシ山頂もあまり広くありませんが、ここからも鞍岳や阿蘇山など周囲の山々を展望することができます。少し青空が出てきたので、写真を撮って鞍岳に引き返すことにしました。

 女岳山頂は広々とした平らな草原でした。正面に阿蘇山や俵山が見える場所に腰を下ろし、いつものコンビニ弁当を食べました。食後に横になってみました。地平線が丸く見え、阿蘇山や外輪山、風力発電の風車が見えました。やっぱり雲が邪魔でした。阿蘇山は雲で覆われたままでした。しばらくすると、暗雲がたれ込め冷たい風が吹いてきました。嫌な予感がして、下山を急ぐことにしました。

 帰りはパノラマコースを下りました。ただ、どこがパノラマコースの入り口なのか分かりません。鞍部には表示がありません。多分こっちだろう、と歩いて行きました。少し下ると案内板に手書き文字で、「パノラマコース 途中よりらくらくコース有り」と書かれていました。鞍岳やツームシ山などの写真をとりながら、樹林の中を下っていると雷鳴がして、ぱらぱらと雨音がしました。リュックを置いて、中から雨具を取り出して着ました。麓は明るいそのうち止むかな、と思いましたが、だんだんとひどい降りになってきました。舗装路が見え、やっと登山口に着いたと思った瞬間、滑って尻餅を着いてしまいました。何故か登山中、必ず一回はころんでしまいます。パノラマコースの登山口(赤崩登山口)から、森林コース登山口まで舗装路を歩きました。

 雨具をいつもリュックに入れていてよかった、と初めて思いました。鞍岳は展望雄大で、山頂も広く(女岳)のんびりできます。遮るものがないので天気がよすぎるのも大変そうですが、今日は天気が悪く展望が利かず、山頂でゆっくりすることができなかったので、今度は天気の良い日にまた来たいと思いました。近くに駐車場があり、短時間で山頂まで歩いてこれるようです。結構軽装で歩いている人がいました。気軽に絶景が楽しめる山だと思いました。

Image02056
女岳頂上から鞍岳 頂上にはたくさんの登山者
Image01995
森林コース(伏石)登山口
Image01998
樹林の中を登っていきます
Image02000
林道に出ました
Image02002
女岳への分岐です
Image02005
岩がごろごろ
Image02015
ロープが張っています
Image02017
とてもきれい咲いていました
Image02036
鞍岳山頂です
Image02034
女岳です
Image02047
ツームシ山へ向かいます
Image02050
ツームシ山頂
Image02048
ツームシ山頂から阿蘇山
Image02065
パノラマコースを下ります
Image01749
パノラマコース(赤崩)登山口

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山