2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

八方ヶ岳

049 八方ヶ岳 やほうがたけ 1,052m  熊本県  山鹿市 

 

Image1

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

曇り空で展望なし  下山時に道を間違え疲労困憊
     歩きやすさ B  展望 A  おすすめ度 B
駐車場 橋の手前に駐車スペース(2~3台) 登山口前にも  トイレなし
【駐車場まで】

大きな地図で見る
 九州道菊水ICから、県道16号線、国道325号線を通り、鹿本町来民交差点で左折、県道9号線を矢谷渓谷目指して車を走らせると、約50分で矢谷渓谷に着きました。
 県道9号線を、矢谷渓谷方面へ右折してもいいのですが、そのまま県道9号線を走るとヘアピンカーブに「きらり」の案内看板があります。ここで右折して道を下り、「きらり」を通過して道なりに進むと、橋の手前に駐車スペースがあり、ここが登山口への入口になります。「きらり」から約5分です。
 矢谷渓谷にはキャンプ場がこれでもか、というぐらいたくさんありました。県道9号線から右折して矢谷渓谷へ入ると、車が離合できないぐらい道が狭くなります。夏休みになると混雑して大変だろうな、と思いました。

コ ン ビ ニ ;県道16号、国道325号沿いにあります
歩きやすさ;登山道は良く整備されていて案内もしっかり   登山口から山頂まで迷うことはありません
展       望;八方ヶ岳山頂まで展望はありません  山頂は平らな草原でよく周囲を見渡すことができます
おすすめ  ;山頂からの眺めと、カニのハサミ岩

 

回目                   2009(H21)年5月24日(日)  くもり    山頂の気温 20℃
山歩き
ルート
 矢谷登山口→八方ヶ岳山頂→山の神方面(→菊鹿町平→矢谷渓谷)→登山口        

 登山口入口9:00→9:08登山口→10:05穴川分岐→11:03八方ヶ岳山頂11:45
  →11:49山の神分岐→12:47林道
    →・・・(ここで道を間違えました)・・→16:56登山口入口

 県道9号線に入ってから、約20分で矢谷渓谷の入口に着きました。ここから道が狭くなり、左に大きく曲がり上っていきます。つづら折りの道を上っていくと再び2車線の道路になり、急な左カーブの右側に「きらり」の看板があります。右折して道なりに進むと、右手にキャンプ場が見え坂道を上りきると、キャンプ場の標識があります。少し下ると、橋の手前に八方ヶ岳登山口の案内があります。

 県道9号線沿いにはコンビニを見つけられませんでした。菊水ICを出て左折し、県道16号線、国道325号線を行くと、道沿いにコンビニが4店舗あり、3店がセブンイレブンでした。天草に行った時にはセブンイレブンをあまり見かけませんでした。地域によってずいぶん偏りがあるんだな、と思いました。私はいつも、コンビニで弁当を買い山頂で食べています。セブンイレブンの弁当が好きなので、コンビニはできるだけセブンイレブンに立ち寄ることにしています。

Image02623
番所集落に入ると登山口の案内が
Image02626
矢谷渓谷の入口
Image02629 県道9号線  ヘアピンカーブで右折 Image02628
左手が登山口の入口、右手に駐車スペース
Image02536
林道を登山口まで
Image02539
登山口  前に駐車スペースあり

 樹林の中を登って行くので、頂上までは展望は全くありません。何度か谷川を横切り、ロープのある場所やごろごろした岩の多い所を歩いていきます。約1時間かかって穴川分岐にたどり着きました。丸太のベンチがありました。

Image02545
谷川沿いの道を歩きます
Image02546
ロープを握ってよじ登り
Image02552
何度か谷川を渡り
Image02555
岩がごろごろ
Image02556
樹林の中を抜けて
Image02557
穴川分岐

 穴川分岐から斑蛇口(はんじゃく)分岐経て山の神分岐に、そこから約5分坂を上ると急に視界が開けて、八方ヶ岳山頂でした。穴川分岐から約1時間でした。八方ヶ岳頂上は平らな草原で、周囲をよく見渡すことができました。ただ、今日は雲がたれ込めていて、展望はいまひとつでした。

Image02561
岩の間を抜けて
Image02564
岩を乗り越えて
Image02568
倒木の下をくぐり
Image02572
斑蛇口分岐
Image02574
アップダウンを繰り返して
Image02576
山の神分岐
Image02579
八方ヶ岳山頂

 山頂から山の神分岐まで戻り、山の神方面に下りました。登山口に戻る時に二度も大失敗をしてしまいました。ヒノキやスギの林の中を下り、眼前が開けたところでカニのハサミ岩が見えるはずでした。が、歩くことに一生懸命で立ち止まることもせず、見落としてしまいました。さらに、林道を右に曲がらなければいけなかったのに、何も考えずに左に曲がり林道を歩いて行きました。下山しているのだから当然下り坂だと思いこんでいたためです。林道を歩きながら何か違うな、と感じながらもそのまま歩いていきました。林道に出たところで立ち止まって休憩し、地図をよく見れば良かった、と後で本当に後悔しました。山頂から林道まで約1時間かかりました。そして、さらに登山口まで約4時間も歩くことになりました。

Image02593
山の神分岐
Image02596
樹林の中を下りました
Image02604
眼前が開けてきました
Image02605
林道に出ました

 八方ヶ岳山頂まで、登山道からは展望がありません。山の神方面に下っても展望はありません。展望は山頂からだけです。今日はくもり。山頂からの展望を楽しむことができませんでした。とても見晴らしが良さそうなので、晴れていたら、と残念でした。今回は道を間違えてしまい、歩きすぎてしまいました。もっとゆとりを持ち、標識のない分岐では、必ず地図で良く確認してから歩き始めるべきだと思いました。

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山