2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

二ノ岳・三ノ岳

051 二ノ岳
三ノ岳
にのたけ
さんのたけ
685m
681m 
熊本県  熊本市 

 

Image02685

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

野出(のいで)登山口から、二ノ岳・三ノ岳を往復      
   歩きやすさ C  展望 B  おすすめ度 B
駐車場 ピンク色の野出公民館横から入ると駐車場があります(約10台)
トイレは公民館にあり
【駐車場まで】

大きな地図で見る
 行きは九州道植木ICから県道101号線に出て野出に向かう予定でしたが、国道3号線からの入り口がわからず、熊本城の近くまで行ってしまいました。ずいぶんと遠回りをして何とか野出公民館までたどり着きました。植木ICから1時間近くかかりました。
 帰りは県道1号線を玉名方面に下り、九州道菊水ICに向かいました。県道1号線から、県道302号線、県道16号線と変わりますが、道なりに真っ直ぐ走ると約50分で菊水ICに着きました。

コ ン ビ ニ ;登山口近くにはありません  県16 県1沿いに見かけました
歩きやすさ;公民館から数十メートル離れたガソリンスタンド横が登山口  いきなりの急坂ひたすら登ります
展       望;二ノ岳・三ノ岳山頂まで展望はほとんどありません 山頂は狭いですが展望はまずまず
おすすめ  ;約40分で二ノ岳山頂に到達  途中展望はありませんが山頂からの眺めは良さそう

 

回目                                     2009(H21)年5月30日(土)  はれ
山歩き
ルート
 野出登山口→二ノ岳山頂→三ノ岳山頂 往復        

 登山口9:42→9:59えびね坂→10:05林道→10:10胸突八丁の坂
    →10:23二ノ岳10:32→10:55林道→11:00三ノ岳分岐
    →11:23三ノ岳11:55→12:08林道→12:12二ノ岳分岐
    →12:41二ノ岳12:46→13:18登山口

 公民館横の入り口から専用駐車場へ入ると、舗装されていて思ったより広々としていました。駐車場を出て公民館の前を通り、登山口へ向かいました。登山口からいきなり急坂で、すぐに息が上がってしまいました。

Image02632
野出公民館横にある駐車場入口とバス停
Image02630
駐車場から野出公民館、二ノ岳
Image02634
野出公民館の前を通り登山口へ
Image02638
ガソリンスタンド横が二ノ岳登山口

 二ノ岳は熊ノ岳とも呼ばれています。Googleの地図では、熊ノ岳となっています。集落の中を歩いているときれいな山容の山が見えました。山道に入り、竹林を抜け樹林の中を登っていくと、「ホット一息えびね坂」です。林道を横切り丸木の階段を登ると、胸突八丁の坂です。このコースは脚力を競うコースだそうです。速く登るほどの体力はないのでマイペースで登り、約3分かかりました。さらに丸木の急な階段を登ると祠が見え、右に河内支所からの道と出会うと二ノ岳頂上です。
 二ノ岳頂上からは、西方面と東方面が開けていて、展望は良さそうなんですが、今日は霞んでいて遠くまで見渡すことができませんでした。それに虫が多くてのんびりできなかったので、そうそうに三ノ岳へ向かいました。

Image02641
金峰山かなぁ
Image02642
集落の中を抜けていきます
Image02644
山道に入ります
Image02702
竹林の中を登ります
Image02647
えびね坂
Image02649
林道を横切ります
Image02651
胸突八丁の坂
Image02663
二ノ岳頂上

 二ノ岳から三ノ岳へ向かいました。丸木の階段を下ると、東方面が開けて前方に三ノ岳が見え、この風景は鞍岳山頂からパノラマコースを下った時、右手にツームシ山などが見えたのとよく似ていました。樹林の中を通り抜け、下っていくと今度は西方面が見えました。林道に出て約5分歩くと、右手に三ノ岳への登山口がありました。中に入り、樹林の中を登って行くと丸木の階段があり、岩の間を抜けると頂上です。頂上からは、西側が開けていて天気が良ければ有明海から長崎県島原まで見渡せそうです。三ノ岳頂上の方が二ノ岳頂上より広くゆったりした感じでした。

Image02666
二ノ岳から三ノ岳へ
Image02676
林道を歩きます
Image02678
三ノ岳分岐
Image02681
階段を上ります
Image02682
岩の間を登っていきます
Image02688
三ノ岳頂上から西方面
Image02687
三ノ岳頂上

 野出登山口から二ノ岳を経由して三ノ岳までを往復しました。登山道は良く整備されていて案内もしっかり、道に迷うことはありません。ただ、実歩行時間は3時間足らずでしたが、丸木の階段がたくさんあり、少し歩きづらく感じました。どうしても階段が多いと自分の歩幅で歩きずらいので、足腰に負担がかかってすぐにバテてしまいます。昨年宝満山を登った時は、山頂に着く頃には筋肉痛になり、帰宅してからは壊れかけのロボットのようになりました。その時と比べればほんの少しですが、階段が多くても軽快に歩けるようになったと思います。

 帰りは県道1号線を玉名方面に下り、九州道菊水ICに向かいました。みかん畑が広がり、とても眺めの良いところを通ります。草枕温泉てんすいや草枕の道など、「草枕」の名称がよく用いられています。何故こんな名称なのか帰ってから調べてみたら、夏目漱石の「草枕」に起因しているようです。

「山路を登りながら、こう考えた。
 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。・・」

で始まる「草枕」はこの地、天水町が舞台なのだそうです。「男はつらいよ」などに出演した俳優の笠智衆さんの生家も近くにあります。天水町には見所がたくさんあるので今度ゆっくり天水町を訪ねてみようかと、今考えています。

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山