2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

小川岳

052 小川岳 おがわだけ 1,542m  熊本県  山都町 

 

Image1_3

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

のんびり静かな山歩きが楽しめます          歩きやすさ A  展望 B  おすすめ度 B
駐車場 登山道入口及び農道途中に数台の駐車スペースあり    トイレなし
【駐車場まで】

大きな地図で見る

 

※Googleの地図では舞岳登山口までの道路が表示されません
 九州道御船ICを出て信号を左折、山都町・高千穂方面へ、R445号線を行きます。矢部町上寺交差点を左折、R218号線を高千穂方面へ。二つ目のトンネル、川内トンネルを抜け、約2㎞先の三叉路を右折、緑仙狭・清流館方面へ、清流館手前を左折舞岳方面へ。緑川を右手に見て坂道を上ります。道なりに進むと小川岳の案内があり、さらに進むと左ヘアピンカーブに小川岳登山道入口の道標があります。ここを左折、農道を上ります。かなりの悪路ですが、農道終点近くまで車で入れます。
 御船ICから約90分です。

Image4

コ ン ビ ニ ;このコース上では見つけられませんでした
歩きやすさ;山頂間近でアップダウンを繰り返して急坂を登るのはこたえました
展       望;山頂は広々としていますが  樹木に邪魔されてほとんど展望はありません
おすすめ  ;今回誰とも会いませんでした  のんびりと山歩きができ静かに時が過ぎていきます

 

回目                2010(H22)年4月17日(土)          はれ   山頂の気温14℃  
山歩き
ルート
 舞岳登山口(駐車広場)から小川岳山頂  往復        

 舞岳登山口(駐車広場)10:59→11:40黒峰分岐→12:29展望台
    →12:56小川岳山頂13:23→13:44展望台→14:12黒峰分岐→14:40駐車広場

 実歩行時間 3時間00分
 ( 駐車広場→小川岳山頂 110分 )( 小川岳山頂→駐車広場 70分 )

 熊本県の天主山の鴨猪川コースを歩く予定で出かけたのですが、鮎の瀬大橋を渡った先の林道が、入口から工事中で5月20日まで全面通行止め。仕方なく、近くの小川岳に急遽予定変更、舞岳登山口へ向かいました。小川岳登山道入口の道標の所に駐車スペースがあったのですが、ガイドブックにもう少し先まで車が入るようになっていたので、左折して農道に入り、急坂を上り、無舗装の悪路を進んで舞岳登山口(駐車広場)に車を止めました。ここまで約60分かかりました。
 今日は少し霞んではいますが、天気が良くて陽射しも暖かく青空が広がっています。駐車広場には私の車だけ、この時間なので多分ひとりぼっちの山歩きになるな、などと思いながら支度をして農道をゆっくり歩き始めます。小川岳登山道の道標があり、坂道をジクザクに歩いて田んぼの横を進むと、農道が終わり沢沿いの山道に。植林の中に入り、急坂を登ります。駐車広場から約40分歩くと、「山想の泉」の案内板があり、左に登ると「黒峰分岐」に到達です。一息入れて右側の道を行き、植林の中の急坂を登ります。黒峰分岐から約50分で展望の良い広場に出ます。しばし展望を楽しんで小川岳山頂へ向かいます。アップダウンを繰り返し、クマザサの刈り取られ、狭いながらもよく整備された登山道を息を切らしながら登ると、約30分で小川岳山頂に到着です。山頂は広々としていています。木立の隙間から周囲の山々が展望できます。小川岳山頂は、強く冷たい風が強く吹いて寒く、長く止まることができませんでしたが、とても雰囲気が良くて楽しく歩くことができ、満足して下山しました。登山道にはたくさんテープが貼ってあり、道に迷う心配はありません。静かな山歩きをしたい方にはおすすめの山です。 

Img03866
展望台から
Img03843
小川岳登山道入口
Img03845
「車はここまでデス」
Img03846
駐車広場から。
Img03910
田んぼの横を通り山道へ
Img03849
渓流沿いを
Img03851
自然林の中を
Img03852
山想の泉分岐
Img03853
黒峰分岐
Img03859
倒木の下を
Img03864
小川岳  展望台から
Img03897
山頂直下
Img03876
小川岳山頂到着
Img03891
小川岳山頂

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山