2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

白鳥山

058 白鳥山 しらとりやま 1,639m  熊本県  八代市 

 

Img04128_120

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

豊かな自然の中、軽快な山歩きを楽しむ         歩きやすさ A  展望 C  おすすめ度 A
駐車場 路肩広場に十数台  トイレあり 登山口 新椎葉越(峰越)登山口
【駐車場まで】

大きな地図で見る

※Googleの地図では、登山口まで道路が標示されません。途中までです。
 九州道御船ICを出て左折。R445を走ります。御船町辺田見の交差点を右折、R443へ。甲佐町を抜け、美里町小筵の交差点を左折、R218を進みます。佐俣の湯を過ぎ、美里町砥用庁舎の先の三和交差点を人吉方面に右折、R445を進みます。道幅が狭く、カーブの多い峠道を緊張しながら上ること約25分。展望所を過ぎて、やっと二本杉峠に到着。峠茶屋の左側に公衆トイレがあります。ここまで約60分。
 緊張しながら道幅の狭い場所を抜け先に進みます。道標のあるT字路を左折、県道159号線へ。道なりに進み、白鳥山、椎葉越の道標から右折、国見岳登山口への道と分かれて舗装路を上っていきます。御池(上ノ内谷)登山口からさらに約10分上ると、新椎葉越(峰越)登山口に到着です。
 御船ICから約2時間です。

Img6

コ ン ビ ニ ;R218、三和交差点のコンビニが最後です
歩きやすさ;危険な箇所もなく道標が随所に  登山道は平坦なところが多くて軽快に歩けます
展       望;登山道も山頂からも、樹林の間から垣間見える程度  あまり期待はできません
おすすめ  ;時間が許せばのんびりゆったりした山歩きが楽しめます  おすすめです

 

回目                                 2012(H24)年10月25日(木)  はれ    
山歩き
ルート
 新椎葉(峰越)登山口→白鳥山山頂 往復

 登山口11:15→12:11分岐(御池(唐谷)登山口)→12:22白鳥山山頂12:45
  →14:04登山口

  実歩行時間 2時間20分
 ( 登山口→白鳥山山頂 65分 )( 山頂→登山口 75分 )

 御船ICから約2時間。遠い。R445を走るのも嫌ですね。地元の人はカーブミラーだけ見てたらいいよ、と言ってましたが、運転が下手な私は対向車があるだけでものすごいプレッシャーです。ただ今回は、全区間舗装路だったので助かりました。登山口に広い駐車スペースとトイレがあるのもグッドです。
 白鳥山は登山口がたくさんあって、同じ登山口なのにいろんな名称があるようです。”上ノ内谷”登山口には”御池”登山口の道標があったし、ガイドブックでは”唐谷”登山口が”御池”登山口となっています。さらに、”御池”があるようです。登山道に”ミネコシ”の道標がありました。これは”新椎葉越”登山口のことのようです。こんがらがりそうです。

Img04152
木にくくりつけらていました

 左に烏帽子岳登山口、奥に簡易トイレ、右が駐車場でその奥に白鳥山登山口があります。
 道標に”白鳥山、御池”と書かれています。ところどころ紅葉しています。歩き出して1~2分。坂を登ると尾根に。東側の山々が見渡せます。

Img04209
新椎葉登山口
Img04117
白鳥山登山口  駐車場奥に
Img04120
登山道から  東側
Img04122
登山道から

 登山道は広く、小さなアップダウンを繰り返しながら進みます。白く塗った杭に”ミネコシへ”と書いた道標があります。矢印は登山口の方をさしています。テープや道標が随所にあるので迷うことなく進めます。感謝です。
 自然林の中の散歩道。爽快な気分になります。大きなピークを迂回して登ります。石灰岩でしょうか。大きな岩が目立つようになり、ふたつめの大きなピークを登ります。登りつめたら、今度はどんどん下っていきます。いつものことながら、せっかく登ったのに。帰りが大変、などと思いながら下ります。そんなにたいした坂ではないけど、ほとんど平坦な登山道を歩いてきたので余計に嫌だと感じるのでしょう。

Img04125
道標
Img04126
登山道
Img04127
登山道
Img04130
登山道から
Img04134
登山道から
Img04138
登山道から
Img04139
登山道
Img04148
分岐(白鳥山山頂  御池)

 フェンスがあります。下ると御池と白鳥山山頂との分岐に。白鳥山へ向かいます。登り坂。”平清経住居跡”。標識だけです。すぐに御池(唐谷)登山口と白鳥山山頂との分岐に。唐谷の方を見ると、木に”御池登山口”の道標がかけられています。
 右に登ります。10分ほどで白鳥山山頂です。山頂は広く、展望はありません。時雨岳へ登山道が続いています。

Img04155
分岐(御池(唐谷)登山口  白鳥山)
Img04156
白鳥山山頂へ
Img04168
白鳥山山頂

 北側斜面を下ります。樹間から周辺の山々が見えます。分岐を右へ。まもなく往路に出合い、登山口まで戻ります。とても気持ちの良い山歩きでした。ただ、ドリーネに御池、どうも見落としたようです。予想以上に楽しい気分にしてくれるコースでした。また機会を作って歩きに来ようと思います。平坦部が多くてあるきやすい登山道です。自然林の中をのんびり時間をかけて歩くのがおすすめです。 

Img04162
白鳥山山頂プレート
Img04174
樹林の間から
Img04179
分岐
Img04184
往路と出合い

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山