2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

市房山

059 市房山 いちふさやま 1,721m  熊本県  水上村 

 

Img04652

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

巨杉が林立する参道を歩き、山頂からの展望を楽しむ 
    歩きやすさ C  展望 A  おすすめ度 B
駐車場 市房山キャンプ場に数十台、トイレあり  登山口 市房山キャンプ場
【駐車場まで】

大きな地図で見る
 九州道人吉ICを出て、信号を左折。R445、県33を乗り継いで相良村からあさぎり町方面へ。R219に入り、多良木、湯前と走ります。R388を水上村方面へ。ループ橋を走り、市房ダム・湯山温泉を通って市房山登山口(キャンプ場)の道標から右折。林道を上ると、キャンプ場登山口の駐車場があります。
 人吉ICから約60分でした。

Img2

コ ン ビ ニ ;R219多良木や湯前にあります
歩きやすさ;登りに3~4時間  危険と思われる箇所も  特に下りは慎重に  合目標示  テープ  地図があります
展       望;山頂からの展望は見事です  雄大な展望が広がっています
おすすめ  ;山頂からの高度感のある雄大な展望。市房ダム湖周辺は桜の名所だそうです

 

回目     2012(H24)年11月 2日(金)  はれ     山頂の気温 12℃    
山歩き
ルート
 市房キャンプ場登山口→市房山山頂 往復

 キャンプ場登山口8:32→8:38払川橋・鳥居→9:15分岐(林道終点登山口)
    →9:22八丁坂(3合目)→9:31市房神社(4合目)→10:29馬の背(6合目)
    →12:11市房山山頂12:46→13:52馬の背→14:44市房神社
    →14:57分岐(林道終点登山口)→15:27キャンプ場登山口

  実歩行時間 6時間00分
 ( キャンプ場登山口→市房山山頂 210分 )
  ( 市房山山頂→キャンプ場登山口 150分 )
Img04611
市房山山頂から  西側方面

 熊本県水上村の市房山を歩きました。
 人吉は霧で覆われていました。キャンプ場につく頃には陽が差してきました。管理棟下の駐車場に車を止めました。気温は10℃くらい。車を降りたら寒くて。防寒着を取り出して着用します。今日はいい天気になりそうです。駐車場の下にトイレがあります。駐車場から出て舗装路を登ります。振り返って、駐車場と管理棟の写真を撮ります。

Img0450_1
市房山キャンプ場・登山口駐車場
Img04500
市房山キャンプ場・管理棟

 5分程舗装路を登っていくと、神社の鳥居が見えます。付近見取り図があります。山頂までの所要時間は4時間となっています。橋をわたり鳥居をくぐって参道に入ります。鳥居の所に”登山注意”の立て看があります。山頂までの登山は可。縦走は危険・・だそうです。もともと縦走する気は毛頭なかったのですが、”心見の橋”も縦走路にあるのでダメなのかな、残念です。

Img04503
払川橋・鳥居
Img04504
付近見取り図より

 杉林の中を歩きます。両側は防獣ネット、その間を歩けばいいみたいです。大きな杉の木がたくさん。ベンチもあります。二の鳥居を抜けると夫婦杉の道標と説明書きも。ここが1合目のようです。橋を渡り進むと、大きさ1位、幹周り8m06cmの市房杉があります。巨杉の根に気をつけながら進むと、林道終点・登山口からの道と合流します。キャンプ場登山口からここまで、約45分。
 大岩の割れ目に何か差し込んであります。八丁坂、3合目。段差の大きい石段を登り終えると、大きな切り株とベンチがあります。ちょっと休憩。
 正面に大きな杉の木。この杉の木、中が空洞になっているそうです。再び石段。登ると朱塗りの社殿が見えてきます。市房神社(4合目)です。中に入って参拝。登山ルートマップや道標が。神社横から裏手へ回り、山道を登ります。

Img04522
二の鳥居
Img04533
杉の巨木
Img04645
八丁坂(3合目)
Img04552
市房神社(4合目)

 丸木段の段差が大きく歩きにくいので、横に出て登ります。まもなく5合目。登山ルートマップには5合目のところに”佛岩”と書かれています。5合目の道標から1~2分、この岩のことかな。
 急坂が続きます。5合目の道標から約15分。登山道横の小高い所にベンチが。市房山の説明板も。そして小休止。
 丸木段が崩れ落ちています。樹林の間から麓の村が見えます。樹木の根がすごい。丸木のハシゴを登ります。全身を使って登るので疲れます。やがて6合目に。キャンプ場登山口から約2時間、市房神社から約1時間。ここは馬の背と呼ばれているようです。ガイドブックには、”馬の背は急斜面の岩上”と書かれています。
 足下に気をつけながら、先に進みます。いったん下って、急坂を登ります。登山道の雰囲気が少しずつ変わってきて、明るくなってきました。山の斜面が見えます。7合目です。

Img04563
5合目(佛石?)
Img04568
休憩所
Img04571
登山道
Img04572
登山道から
Img04638
6合目  通り過ぎて
Img04580
登山道
Img04587
7合目 
Img04591
登山道から

 周辺の山々がはっきり見えるようになり、傾斜も緩んで歩きやすくなります。丸木の階段を登ります。木が倒れて、中途半端な高さで登山道をふさいでいます。乗り越えて登っていると、登山道に倒れ込んできている木の枝で頭をうってしまいました。右斜面にシカがいて、固まっています。
 8合目です。キャンプ場登山口から約3時間経過。傾斜は緩やかで、周辺が展望できるようになり、歩いていても楽しく感じますが、疲れはピーク。リュックを置いて小休止します。
 さらに高度が感じられるようになってきます。やがて9合目に。ひとつピークを過ぎると、さらにもうひとつピークが。登りつめると、”山頂まで5分”の道標。前方に市房山山頂が見えます。 

Img04594
8合目
Img04598
9合目
Img04605
山頂まで5分
Img04607
市房山山頂

 8合目から約40分。キャンプ場登山口から約3時間40分。やっと市房山山頂に到着です。
 山頂は東西に長く広々。雄大な展望で、霧島連山も遠望できます。東側は宮崎県西米良村へ通じているようで、樹林に覆われ展望しづらくなっています。心見の橋は3分となっていますが、この先”立ち入り禁止”の立て看板があって進めません。天気が良く風もないので、リュックを下ろし眺望を頼みながら昼食休憩です。
 下山時間のことを考えると、あまりゆっくりもできません。名残惜しいけど早めに下山します。往路を戻り、約2時間40分、キャンプ場登山口に戻りました。今日の山歩きは約7時間。かなり足にきています。多分しばらく筋肉痛でしょう。 

Img04620
市房山山頂から  二つ岩
Img04621
市房山山頂から  東側方面
Img04627
市房山山頂から  西側方面
Img04619
市房山山頂から  南側方面

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山