2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

可愛岳

072 可愛岳 えのたけ 728m 宮崎県  延岡市 

 

Img04736_120

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

南登山口から可愛岳山頂へ、北尾根ルートを下る   
    歩きやすさ A  展望 A  おすすめ度 A
駐車場 西郷隆盛宿陣跡資料館駐車場に数十台  トイレなし 登山口 延岡市西郷資料館・駐車場
南登山口
【駐車場まで】

大きな地図で見る
 佐伯ICから、R10に出て延岡方面へ。JR日向長井駅を過ぎ、西郷隆盛宿陣跡資料館の道標から右折して側道を下り、高架橋をくぐると、右手に広々とした駐車場、奥に資料館が見えます。
 東九州道佐伯ICから約60分です。 
Img5_2

コ ン ビ ニ ;東九州道佐伯ICを出てすぐ  登山口近くには道の駅”北川はゆま”があります
歩きやすさ;飽きのこない登山道なので楽しく山歩きができますが  登山道がわかりづらい箇所があります
展       望;登山道からも各所から展望できます  展望所もあって眺望を楽しむことができます
おすすめ  ;山頂は広くて北西方面も展望でき  眺めは最高です

 

回目        2012(H24)年 12月11日(火)   はれ   山頂6℃     
山歩き
ルート 
 南登山口→可愛岳山頂→烏帽子岳→北登山口  周回

 11:01駐車場→11:03南登山口→11:53ザレの頭(5合目)→12:42南尾根分岐
   →13:31可愛岳山頂14:01→14:28のぞき展望所→14:40分岐
   →14:53烏帽子岳→15:14林道→16:05駐車場

 実歩行時間 4時間30分
 ( 駐車場→南尾根ルート→可愛岳山頂 150分 )
  ( 可愛岳山頂→北尾根ルート→駐車場 120分 )   

 宮崎県延岡市の可愛岳を歩きました。約一ヶ月ぶりの山歩きです。
 駐車場にトイレがないので、道の駅北川はゆまに立ち寄ります。ここから約5分。JR日向長井駅を過ぎ、右手、側道入口に西郷資料館の道標が見えます。右折して駐車場へ。資料館前の駐車場は舗装されていて広々。どの山の登山口もこんなにアクセスがいいと助かるんだけどなぁ。
 気温は低め。天気は晴れですが、ニット帽をかぶり厚着をして出かけます。

Img04808
可愛岳山頂から

 駐車場に可愛岳登山道案内地図、向かい側にお地蔵さんが祀られています。資料館を右に見て駐車場を左へ。まっすぐ進みます。突き当たりが南尾根ルート登山口。左から回り込んで登山道に入ります。”可愛嶽突囲戦薩軍登山口”の説明板があります。資料館入口にも地図付きの説明板がありました。
 ゆるやかに登って行くと5~6分で伐採地に出ます。木に”ノボリ尾”とあります。可愛岳、烏帽子岳でしょうか。麓の町が見えます。”ひべら山197m”の道標です。寄らずに先に進みます。”ばくと岩”とあります。なんだろう。自然林に囲まれた登山道。木漏れ日の中を歩きます。ゆるやかな傾斜で歩きやすい登山道です。登山道が広くなってザレの頭(5合目)に到着です。ここまで約50分。

Img04740
西郷資料館・駐車場
Img4742
南登山口
Img04748
登山道
Img04749
登山道から
Img04755
ザレの頭(5合目)
Img04761
登山道から

 南方面でしょうか。登山道から展望できるのでいい気分転換になります。沢に突き当たりました。岩がごろごろ。右に登っていくと水のみ場です。右に進み、急登。左に進みます。足を取られながらも慎重に登ります。石積みの跡です。炭焼きの釜跡でしょうか。ジグザグに登ります。”ザレの平”の道標。さらに登るとやがて南尾根ルート分岐に到着です。ザレの頭(5合目)から約50分。
 左へ。可愛岳山頂を目指します。傾斜は緩やか。石仏です。甲羅をのせたかのような大岩。亀のように見えました。約5分。石垣が見えます。前屋敷です。”のぞき展望所経由←山頂”の道標です。展望所に寄って山頂に向かうつもりで歩いていたはずなのですが、いつの間にか直登コースを急登していました。う~ん。仕方ないので展望所は、帰りに寄ることにします。

Img04764
水のみ場
Img04768
登山道
Img04773
南尾根ルート分岐
Img04778
登山道
Img04780
前屋敷
Img04782
道標

 ロープを伝って急坂を登ります。10分程で展望が開けて南方面がよく見えます。大岩です。これが鉾岩でしょうか。ここからも南方面の展望が開けています。さらに進むと、”ドルメン(支石墓)”、”台場”と道標がありますが、・・。大岩の間を抜けると、”山頂 あと5分”の道標がありました。この道標”15分”と書き変えられていました。人によって歩く速さは違うのに・・。約5分で、可愛岳山頂に到着です。さしたる急坂もなかったので道標どおりに到着できました。駐車場から南尾根ルートをたどって2時間30分。

Img04783
前屋敷から急登
Img04784
登山道から
Img04788
登山道から
Img04801
登山道
Img04803
道標
Img04805
可愛岳山頂

 山頂は広く、北西方面の展望が開けています。気温は6℃。陽が差しているので暖かです。
 展望を楽しんでから、下山します。帰りは北尾根ルートを下る予定ですが、その前にのぞき展望所に寄ります。山頂から約20分。展望の良い大岩を過ぎて、道標のある分岐から右に下ります。”のぞき展望所”と記載されてないので少し不安を感じながらロープを伝って急降下します。10分足らず下ると右方向から明かりが差してきて、のぞき展望所に到着です。ロープがあるけど地面にたれていて、”のぞき”の標識が落ちています。それでも怖いのでロープの先には行きません。南方面が展望できます。
 南尾根ルート分岐に向かいます。”拝門”、”神の森”を通って前屋敷に、南尾根ルート分岐を直進、北尾根ルートを歩きます。鞍部に下ってから登り返し。”山姥の尾”、展望のよい場所を通って分岐から15分足らずで、烏帽子岳山頂です。ここも南方面が展望できます。
 ロープを伝って下ります。”ストーンサークル(環状列石)”、”のぼり尾”、”愛手 ナゼデ”、”ガッタン石”、”二本杉”を通って下ります。ストーンサークル?ガッタン石?、首をかしげながら歩きます。烏帽子岳から約20分。林道に出合います。広々としています。西郷隆盛資料館の道標の前を通って進むと、”鬼の舟”があります。

Img04809
可愛岳山頂から
Img04828
のぞき展望所
Img04844
下山道から
Img04846
烏帽子岳山頂
Img04863
鬼の舟

 周辺を探索して再び山道に入ります。樹林の間、U字状に削られた下山道です。”陰平”の道標です。傾斜がゆるやかなのであまり足に負担がかかりません。麓の町、東方面でしょうか。       ”日向街道往還道標”、”俵野庚申塔”の前を通り、右へ。”中津大四郎自刃の地”。下って駐車場に戻ります。
 可愛岳山頂から、のぞき展望所を経由して北尾根ルートを下り約2時間。休憩も含んで約5時間の山歩きでした。想像していたよりも楽しい山歩きでした。アクセスが便利、広々とした駐車場があって、登山道や山頂からの展望も見事でした。道がわかりづらい箇所がありましたが、危険な箇所も少なく、歩きやすくて飽きのこない登山道でした。

Img04867
下山道
Img04868
東方面

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山