2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

釈迦ヶ岳

082 釈迦ヶ岳 しゃかがだけ 831m 宮崎県  国富町 

 

Img04493_120

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

法華嶽公園駐車場から展望所を巡り山頂まで     歩きやすさ A  展望 A  おすすめ度 A
駐車場 法華嶽公園駐車場 登山口 国富町 法華嶽公園駐車場
【駐車場まで】

大きな地図で見る
    宮崎道高原ICを出て、右折しR221へ。次の交差点高原町二本松を右折、県29を進みます。追分交差点を右折、R268を道なりに進みます。綾町方面へ左折、県357を進み、綾町揚交差点を右折、県26へ。役場前交差点を左折して県360へ。(綾北)川の手前で左折し、少し先の橋を右折して渡り、県361へ。法華嶽公園の道標から右折、そのまま県361を進みます。突き当たりを左折、県356へ。法華嶽薬師寺を右に見て駐車場を抜けると、正面にゲートがあり、前に広々とした未舗装の駐車スペースがあります。(法華嶽公園の案内道標が各所に)
 高原ICから約80分でした。
Img2_2

コ ン ビ ニ ;高原ICを出て直ぐの交差点やR268野尻付近に
歩きやすさ;急登箇所がありますが全体的に歩きやすい登山道です  道標があるので道に迷う心配はありません
展        望;山頂や展望所から周辺の山々などが見渡せます
おすすめ  ;山頂からさらに西へ  広場があり霧島方面が展望できます

 

回目         2012(H24)年11月 1日(木)   くもり    山頂の気温14℃
山歩き
ルート
 法華嶽公園登山口→釈迦ヶ岳山頂 往復

 駐車場11:21→12:04六合目→13:07釈迦ヶ岳山頂13:37→14:15六合目
    →14:47展望台→14:56駐車場

 実歩行時間 3時間00分
 ( 登山口→釈迦ヶ岳山頂 105分 ) ( 釈迦ヶ岳山頂→登山口 75分 )   

 宮崎県国富町の釈迦ヶ岳を歩きました。
 たまに暖かい日ざしが差してきますが、雲が多くどんより、冷たい風が吹いています。

Img04453
釈迦ヶ岳、山頂展望所から

 ゲートの横から中へ。すぐ左手にトイレがあります。右の方に展望台が見えます。釈迦ヶ岳が一望できるようなので、帰りに寄ろうと思います。ゲートです。ここが登山口。案内板があり、山頂まで3,600m、標高280mの道標もあります。5分程歩くと道ばたに1合目の道標が。舗装路もあり傾斜は緩やか。森の中の遊歩道を歩いている感じ。1合目から約6分。2合目と山頂まで3,000m、標高340mの道標が。やがて植林帯に。2合目から約6分、3合目です。折り返しながら坂を登ると、山頂まで2,500m、標高410mの道標。この先、折り返したところに、”スズメ蜂注意”の看板が。いきなりだったのでびっくり。足早に坂を登ります。3合目から約7分かかって4合目に。道幅が広く、傾斜も緩やかで歩きやすい。山頂まで2,000m、標高460m。4合目から約6分、5合目です。

Img04494
ゲートから振り返って 駐車場
Img04380
ゲート
Img04384
もう一度ゲート 登山口
Img04378
登山道 1合目を過ぎて
Img04391
2合目
Img04395
3合目
Img04397
スズメ蜂 注意
Img04400
4合目を過ぎて

 急傾斜の坂道を登ります。広くなった平坦な道ばたにベンチが。5合目から約6分。6合目です。ここを過ぎてから登山道らしくなります。傾斜も急で大岩がごろごろ、ガイドロープが張られています。山神様の石祠。山頂まで1,500m、標高530mの道標。ロープを通している杭を根巻きしたコンクリがむき出しになっているものがあり、不安定なところがあります。ロープをあまり頼りにしない方がいいようです。擬木の階段です。6合目から約12分、7合目です。大岩をよけてあえぎながら登ります。展望所で、ベンチもあります。リュックを置いて小休止。東側方面が開けています。
 登山道の傾斜が緩み、歩きやすくなります。擬木の階段です。山頂まで1,000m、標高640mの道標の先にベンチがあります。樹林の間から先ほどと同じような展望が広がっています。下って進むと、8合目です。7合目から約15分でした。2~3分進むと、右手にベンチです。先に進むと巨岩が目の前に。ロープがあります。左の方に迂回できそうですが、正面の巨岩にとりつき這い上がります。まもなく9合目に到着です。8合目から約15分。

Img04403
6合目
Img04409
登山道
Img04413
7合目を過ぎて
Img04414
展望所から
Img04418
山頂まで1,000m  8合目まで約5分
Img04423
8合目を過ぎて  展望所
Img04428
岩場
Img04429
9合目

 急坂をあえぎながら登ると、展望所が。ベンチもあります。9合目の道標から約10分。歩いていると樹間からも周辺の山々が展望できるようになります。坂道をせっせと登ります。紅葉しかけた樹林がきれいです。展望所から約10分、山小屋です。柱だけ、壁がまったくありません。土俵でもあるのかと思いました。ここまで来ると山頂は間近。最後の登りにかかります。2~3分で釈迦ヶ岳山頂に到着。9合目から約20分でした。
 釈迦堂があり、東側方面が開けています。山頂はベンチがあってゆったりできそうですが、もう少し先に進みます。釈迦堂の裏手が小高く、広場になっていて三角点があります。少し下ってさらに進んでいくと、広場に出ます。霧島35kの道標や縦走路でしょうか、矢筈岳の道標があります。多分霧島連山だと思うのですが。高千穂峰や韓国岳がぼんやり見えます。目視できるのですが、写真にはぼんやりとしか写っていません。樹林に邪魔されてあまり展望がいいとはいえませんが、西側方面を展望することができます。 
 展望を楽しんでから往路を戻り、登山口近くの展望台に立ち寄りました。

Img04433
9合目を過ぎて  展望所
Img04436
登山道の樹間から
Img04439
登山道
Img04441
山小屋
Img04468_800
釈迦ヶ岳山頂
Img04448
山頂から
Img04449
釈迦堂の裏手へ
Img04452
展望所
Img04455
展望所から  霧島方面

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山