2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天市場

宿を探すなら

  • 楽天トラベル株式会社

双石山

083 双石山 ぼろいしやま 509m 宮崎県  宮崎市 

 

Img04297_120

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山

 

小谷登山口から双石山山頂往復、途中無駄な歩きで時間ロス
     歩きやすさ B  展望 B  おすすめ度 B
駐車場 登山口前の路肩に10台程度  トイレなし 登山口 宮崎市清武町 小谷登山口
【駐車場まで】

大きな地図で見る
  東九州自動車道清武ICを出て直進、県道338号線を進みます。ファミマ前の交差点、清武町永田を右折、県道27号線を道なりに進みます。 道幅が狭い箇所があります。清武ICから約15分、左手に塩鶴登山口です。ここは駐車場がないので、さらに坂を上って小谷登山口に。登山口前の路肩に駐車します。
 清武ICから約20分です。
Img3

コ ン ビ ニ ;清武町永田交差点のファミリーマートが最後です
歩きやすさ;第2展望所までが大変です  どちらかというと谷コースの方が尾根コースより安全かも
展       望;あまり期待はできません  第2展望所、山小屋、山頂から一方向だけ展望できます
おすすめ  ;第2展望所から双石山までの尾根歩き

 

回目        2012(H24)年10月26日(金)   くもり    山頂の気温15℃
山歩き
ルート
 小谷登山口→双石山山頂 往復

 小谷登山口9:17→9:32分岐(針の耳神社)→9:46分岐(像の墓場)
    →9:55分岐(尾根・谷コース)→(尾根コース)9:58大岩展望台10:05
     (・・10:19分岐(針の耳神社)・・10:25分岐(像の墓場)・・行き止まり・・)
    →10:52分岐(尾根・谷コース)→(谷コース)11:08第2展望所→11:32山小屋
    →11:54双石山山頂12:06→12:24山小屋→12:44第2展望所
    →(谷コース)12:57分岐(尾根コース出合い)→13:19登山口

 実歩行時間 2時間50分(+ロスタイム約45分)
 ( 小谷登山口→(針の耳神社コース・谷コース)第2展望所→双石山 約100分 )
 ( 双石山山頂→(谷コース)→小谷登山口 約70分   )   

 宮崎市清武町の双石山を小谷登山口から歩きました。
 まず第2展望所を目指して急登、展望所からは尾根道を道なりに進めば迷うことなく双石山山頂に到達します。
 テレビで天気予報を見ていると、ちょうど登山予定の山に雨雲がかかって、その地方だけ雨が降る予報。そこで急遽予定変更、双石山を歩くことにしました。ガイドブックも何も持ってないのですが、以前読んだことがあるし、なんとかなるだろうと思ってやってきました。登山口の案内図でよく確認したつもりでしたが、やっぱりというか、きちんと道標があるにもかかわらず勘違いと思い込みでしっかり迷ってしまい、体力と時間を余分に使ってしまいました。

Img04221
案内図より
Img04246
案内図
Img04302
案内図

 県道27号線から左手に塩鶴登山口が見えます。駐車場はありません。さらに坂道を上った少し先に小谷登山口があり、登山口の前に駐車スペースがあります。
 小谷登山口前の路肩に車を止め、道路を横切って登山口に。案内図など確認して登山道を歩きはじめます。少し登ったところで、車を施錠しなかったことに気づきました。仕方ないので戻ります。

Img04214
塩鶴登山口
Img04218
小谷登山口(左)  駐車スペース

 約5分のタイムロス。仕切り直しです。薄暗く、樹木に囲まれた沢沿いの坂道を、地面が湿っているので慎重に歩きます。沢を渡り登って行くと、分岐に。道標があり、右は第2展望所。左は針の耳神社経由第2展望所。ここは左へ。登山道に出合います。ここを右に進みました。後日で調べたら、左に行けば針の耳神社に出たようです。このときはなんの疑いもなく右へ。少し進むと建物が見えます。神社です。ガイドブックで見たことのある針の耳神社じゃないな。もう少し先か、と参拝してから進みます。大きな岩がごろごろ。木に”←山頂、ハシゴ有り”と道標がくくりつけられています。左上の大岩、なんだか見たことがあるような。近づくことができずよくわからないのですが、下に社があるようにも見えます。ひょっとしたらあれが針の耳神社かも。入り口は見当たりません。

Img04220 小谷登山口 Img04229
分岐(針の耳神社・第2展望所)
Img04230
登山道出合い
Img04231
神社が
Img04234
登山道
Img04236
登山道から  針の耳神社?

 まもなく像の墓場と第2展望所の分岐に。
 その時は、展望所は登山ルートから外れていた、と勘違いしていました。
 第2展望所に立ち寄るつもりでハシゴを登ります。
 大岩がごろごろ。間を抜けて登ります。巨石に矢印が彫られています。展望所への道標と矢印があります。木に登山道の略図がくくりつけられていますが、すぐに理解できません。針の耳神社への登山道がない、ということかなぁ。破線になってます。尾根コースと谷コースの分岐です。尾根コースを登ります。さらにハシゴを登り、急登します。大岩の方に橋が架けられています。後日調べたら大岩展望台でしたが、その時はここが第2展望所だと勘違いしていました。ロープを伝って大岩に登り、回り込んで岩上に。右の方は海かな。雲が多いのでいまひとつの眺望でした。
 いくつもの勘違いと偶然が重なってしまったのです。谷コースを登っていたら大岩展望台は通らないので、素直に第2展望所にたどり着いたはずです。そこには双石山山頂の道標があるので、迷走することはなかったはずです。

Img04260
分岐(↑第2展望所・像の墓場→)
Img04242
大岩がごろごろ
Img04247
分岐(尾根コース・谷コース)
Img04251
大岩展望台
Img04252_2
大岩展望台から

 大岩展望台から、迷わず登ってきた道を下ります。軽快に下っていると、分岐に。第2展望所の道標。なんと最初の分岐まで下ってしまいました。何やってるんだろうな、ため息をついて登り返します。双石山山頂に行くつもりで、分岐から像の墓場方面へ。10分たらず進むと、道標があり、”第2展望所 双石山山頂→”となっていて先に進めないようにロープが張ってあります。像の墓場は左に矢印が。この事態をすぐに理解できなかったのですが、ここでやっと間違っていたことに気がつきました。しばし呆然です。
 分岐まで戻り、道標をじっと見ると消えかかっていますが、”第2展望所”の下に双石山の文字が手書きされていました。標識はよく見ないとダメですね。約45分、迷走して体力を消耗、時間をロスしてしまいました。
 再度ハシゴを登り、尾根コースと谷コースの分岐へ。
 今度は谷コースを登ります。急な傾斜が続きます。15分足らずあえぎながら急登すると、尾根コースからの道と合流します。尾根コースを覗くと、岩盤で足がすくむほどのすごい傾斜です。1~2分進み、道標から左に折れると広くてテーブルベンチもある第2展望所です。相変わらずどんより曇っています。北側方面でしょうか。大岩展望台と同じような景色です。

Img04268
谷コース
Img04269
尾根コース出合い
Img04272
第2展望所
Img04273
第2展望所から

 やっと”双石山→”の道標がありました。今度は間違いありません。少し下って分岐まで戻り、左へ。案内図によると、ここから山頂まで約45分です。約15分。予定通りに加江田分岐に。さらに約5分。山小屋です。帰りに覗いてみることにして先を急ぎます。アップダウンを繰り返しながら進みます。樹木の根が登山道をはっています。もう山頂かな、と期待しては何度も裏切られながら坂を登り降りします。山小屋から約20分。山頂プレートが見えます。やっと双石山山頂に到着です。西側方面でしょうか、樹木の間から周辺の山々が見えます。
 リュックを置き、腰を下ろして休憩です。羽音が近づいてきてうるさく飛び回っています。ちらっと見ると黄色くて、大きなハチのように見えました。身体を硬くして遠ざかるのをじっと待ちます。ハチかどうかもよくわからなかったけど、スズメバチだと怖いので下山することにしました。

Img04274
道標
Img04277
登山道  分岐(旧加江田野営場)
Img04279
登山道
Img04281
山小屋
Img04295_800
双石山山頂
Img04289
双石山山頂から

 往路を戻ります。山小屋です。中を覗いてみることに。屋根裏部屋や囲炉裏があり、きれいに片付いています。小屋の裏手に回ってみると、ベンチやテーブルがあり、樹木の間から展望できます。水場やトイレは見当たらないけど、天候の悪い時に昼食場所などで利用できそうです。
 雨が樹木を打つ音がしますが、たいした降りではありません。第2展望所の前に着く頃には止んでしまいました。谷コースを下り、分岐(像の墓場)を右へ。往路と同じ道を下り、何とか無事に登山口に戻ることができました。

Img04298
囲炉裏
Img04299
小屋裏

 

福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
メインページ  山歩きの記録(年度別) 新九州百名山